【読了】The Power


By Naomi Alderman

2017年の”Bailey’s Women’s Prize for Fiction”を受賞した作品です。
その年に英語で出版された本で女性が著者であり、その中で一番優れた作品に送られる賞です。

今年は「The Power」が受賞しました。
この作品、実はロングリストにノミネートされた時あたりから気になり始め、ショートリストの中では一番読んでみたいと思った本なのです。
ショートリストにノミネートされた時にBook Depositoryからオーダーしました。(アメリカでは現時点でまだ発売されておりません。2017年10月10日発売です。遅っ!)
が、受賞が決まってから手元に届きました。イギリスからグアムは本当に遠いのね~です。

さて、この本。私の好きな日常に異変が加わる話しです。
女性に手から電気を放出する能力が備わることで、男女の立場が逆転します。
途中非常にグロテスクなシーンもありますのでハートの弱い人には嫌われるかも知れません。

読み終わった瞬間は、どんな感想を口にすればいいのか全く分かりませんでした。
これは思った以上に難しいテーマを扱った本でした。
私の思考は飛びまくっておりました!!

実際に女が男よりも強い性になった場合、本に書かれているような事になるんだろうか?という疑問が一番残ったのですが、男女にかかわらず人間の根底にはこんな性質が備わっているのかも知れないと思うと怖いのです。(詳しい事を書くとネタばれになるので書けないわ~)

冒頭からぐっと引き込まれました。語り手が数人いるのですが、あれ?これ誰だっけ?となることしばし。途中、宗教的、政治的な話が挿入されますが、この時は読むペースが落ちました。ちょっとダレました。
しかし、最後にまた持っていかれました。パワフルでした。
冒頭と巻末の手紙のツイストが面白かったです。

途中でダレなれけば星5つだったんだけどなぁ。星4.5という事で。

この作者、あのMargaret Atwoodがメンターだったそうで。すごい人の後押しですね!






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Defy the Stars


By Claudia Gray

4月のUppercase Boxで届いたYAのSF本です。
私はあまりSFには自分からは手を出さないので、ちょっとおっかなびっくり読み始めましたが、場所の設定が宇宙なのと、ロボット(アンドロイドか?!)が出てくるのがSF設定だってぐらいなので、意外と読みやすかったです。

何が良かったって、本は500ページあるけれど、文字が大きめなのと行間に余裕があること。
目に優しいのです。(←やっぱりそこが一番?老眼始まってるから…涙)
英語も分かりやすいです。
これだからYA本はやめられません。

主役の女の子にも感情移入しやすかったし、Mechと呼ばれるアンドロイド君もどんどん人間ぽくなるのが良いし、途中で仲間に加わる人達もGoodでした。
この話は宇宙規模で場所の移動がありますが、地球上だけでやったって別に話としては成り立ちそうな感じ…(それを言っちゃぁいけないか?!)
次から次へといろいろ起こるのが面白かったです。主人公、休む暇なし。

まだ、この後続きまっせ~という終わり方をしました。
はい。気になります。
という事で、いつか2冊目が出たら購入して読む事になると思います。

UpperCase Boxでシリーズの1冊目を配信しておけば、その後、お客が2冊目を買ってくれる!とつながるので、著者にとっては良い宣伝ですね。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】Illuminae


By Amie Kaufman, Jay Kristoff

BookTuber達が口をそろえて褒めまくっていたこの本。そんなに面白いなら読まなきゃ!と思って購入しました。それも、重いハードカバーで。
手元に届いた時の嬉しさったら異常でした。表紙のカバーが綺麗。外しても面白い。中をパラパラめくったら普通の小説の形態じゃない。超面白そうじゃん!

今回はツイ読友のNorinちゃんと一緒にバディーリーディングをしました。
一緒に読み始めて、同じ日に読み終わりました。途中、ちょっとメッセージ送って、「どう?」とか聞いて。読み終わってからもメッセージで「あ~だこ~だ」と話しました。
楽しかった♪読み終わってすぐに意見交換できるの最高!!でした。
Norinちゃんのペースが速いので遅れないように読んでおりましたので、少々寝不足な週となりました。(いや、人のせいにしてはいけない。私が話に入り込みすぎて時間を気にしていなかったのが寝不足のそもそもの原因)

しかし、この本、最初からのめり込んで読んでいたわけではありません。ふつうの小説ではなく、メールとかレポートとかAIの思考とか宇宙船の図面とかをみて、読み解いていくスタイルだったので、最初の200ページぐらいは慣れなくて正直「これが面白いと思える時がくるのだろうか?」と思っておりました。
が、後半になるにつれて「え~!?」だの、「ひゃ~?」だの言いながら読みました。そう、いつの間にかはまっていたようです。
この本600ページ以上あるんだけど、真っ黒のページに単語が一つだけとかのページもあるので、文字数はそこまで多くないと思われます。

主人公の女の子が強いのが気に入りました。いつもこの手のアクション物を読んでいると、「私ならとっくに死んでる」と思うのですが、この本でももちろんそう思いました。
これ以上は何を書いてもネタバレになりそうなので、書けないわ~。むずかしい。

読み終わった時の感想は『疲れた』でした。
このシリーズの第2巻のGeminiも買ってあるんだけど、到底続けて読む気ににはなりません。
今はとりあえず、軽い感じの明るい本を読みたいと思うのですが、私の本棚を眺めてみたけど、そんな本ありませんやん?見事に暗いトーンの本で埋まっておりました。

う〜むむむ。何読もう?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】Dark Matter


By Blake Crouch

ツイ読友のNorinちゃん(@Norin_76)がお勧めしていたこの本。年末にKindleが安くなっていたので即購入♪
SFでスリラーに分類されているし、英語が難しいかと思っていたら、非常に分かりやすくて驚きました。映画でも見てる気分になれるぐらい簡単。

しかし序盤から引き込まれました。
平凡で幸せ人生を送っていると思われる主人公が、拳銃を突き付けられて脅されて、挙句の果てには自分が信じている世界とは何かがずれてしまっている世界に迷い込んでいるし。

最後の方はえええ~~~~!?となりながら、想像してきょえ~!?っとなったし。(奇声を上げているだけで意味不明でしょうが…)
自分がこの人の立場だったらほんまに嫌やわ。


ここからネタバレを含むので文字を反転して。。。
ハイライトしてもらえれば読めるはず…と思ったけどよめなかったので色変えます。
ネタバレが嫌な人はここは読まないでね。

何でそもそもJason2は名声も地位も捨てるという選択をしたのか?
Danielaに対する気持ちだけでは説明がつかない気がする。
Amandaちゃんはどうなっちゃったんだろう?
Jasonが別の選択をしていたからってそんなに沢山のJasonが一つの世界に集まるというコンセプトがちょっと理解できない。なんでそうなるわけ??どのJasonも同率対等なわけ?なんで、妻と子供が乗っている車に発砲してくるようなJasonが生まれたの??
沢山いるJason達とその世界はどうなっちゃうんだろう?
殺されたJasonが複数見つかったら警察は大騒ぎじゃないのか?
Jason以外に2人がBoxを試してると思うんだけど、この人達はどこに行っちゃったんだろう?
という事で、続編、もしくはスピンオフを希望します。


一気読みさせる力のある本でした。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】LEGION


by Brandon Sanderson

安売りしていたので購入した本。
読んでみたら、短い!!びっくり。

だいたい読み始めた時は前情報何もなしだったので状況が呑み込めず、実は3回ぐらいくりかえして読みました。
で、アマゾンのあらすじを読んで、あ!そうか!と理解ができた次第でした。

多重人格かと思いきや、この主人公、幻覚として別の人格をみているらしく、そのそれぞれの人格がぶっ飛んでいるのでそれが面白い。
しかし、話が短すぎる…シリーズ2作目が出ているので読んでみるかな?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR