【読了】The Seven Death of Evelyn Hardcastle


By Stuart Turton
 
翻訳バージョンが「このミステリがすごい」の4位にもなったこの本は、前評判からかなり入り込んだ複雑ミステリーだと認識しておりました。
しかし、Costa Book Awardも取った作品だし、面白くない訳がない!と勝手に思い込みまして、読んでみたい本でもありました。
一人で読んだらくじけそうなので、ツイッター洋書の友たちとBuddy Readする事になり、私の紙本をベースに1日20ページのペースで読みました。
 
20ページにしといて良かった!
何故なら、もう何度も読み返しながら読み進める事になったからです。
 
先ず私の問題点は、名前が覚えられない。
大抵名前はイニシャルぐらいしか把握して読んでいないので、”D”で名前が始まる人が複数出てくると、この”D”は誰だ??という事になるのです。本の初めの所に主要登場人物の名前が書いてあるのですが、そのページに何回戻ったやら??です。
 
プロットも複雑でした。
主人公は毎日違う人物になって目を覚まし、同じ日を繰り返すのですが、その日の夜に起こる殺人事件の犯人捜しをしないといけないんです。
これが、毎日誰になって目が覚めるかも分からないし、ルールを説明してくれるPlague Doctorやら、未来の自分やら、仲間なのか仲間じゃないのか分からない人物から聞かされる話しの何を信じてよいのかも分からない。
誰が味方なのかも分からない状態で謎解きですよ。難しいに違いないでしょう!?
おまけに、ライバルもいるらしいし、自分を殺しに来るFootmanやらもいて、これがさらに話しをややこしくします。
登場人物達もみんな何かしら秘密を抱えてるし、簡単に犯人捜しなんてできないわけです。
4日目やってたのに、急に2日目の人に戻ってたりもするしね。
後になれば後になるほど、ホストの人格に中の主人公の思考が引っ張られるようになったりする。アホなホストに入ると自分もアホに引っ張られて思考ができなくなっちゃうみたいなね・・・
この主人公が何で、こんなループしている世界にいるのかもずっと疑問のまま読み進める事になるんですね。
 
Buddy Readの仲間たちと日々、今日の疑問なんかを話しながら読んでいたのですが、話の半分ぐらいまではとても活発に謎についてや、犯人について推理したりもしたのですが、あまりの複雑さに後半はちょっと話し合いが静かになったぐらいです。
 
ちなみにこの本のタイトルイギリス版では「The Seven Deaths of Evelyn Hardcastle」なんですが、アメリカ版では「The 7 ½ Deaths of Evelyn Hardcastle」なんですよ。
これは、ちょうど出版する辺りで、Taylor Jenkins Reidの「The Seven Husbands of Evelyn Hugo」という本がでていて、タイトルがあまりにも似通っているから変えたそうです。作者インタビューで読み拾いしました、このネタ。でも、今探してみたらこの記事が見つけられませんわ。

皆様、この作品、この作者のデビュー作らしいんですよ。
こんな複雑な物語を書けるだなんて、頭の中どうなってんだろうね!?

また、この作者が別の話を書いたらチャレンジしてみたいわ!

 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Imaginary Friend


By Stephen Chbosky
 
お気に入り度:★★★★
英語の読みやすさ:★★★☆
怖い度:★★★★
のめり込み度:★★★★★
 
The Perks of Being a Wallflowerの作者の20年振りの本という事でBookTuber達が沸き立っておりました。
おまけにその作品はホラーだというではありませんか。
俄然興味が湧きました。

そんな時にBookTuberのgabbyreadsちゃんがReading Imaginary FriendというReading Vlogをアップしました。彼女のこの本へのハマり方を見て、これは面白いに違いない!という思いが高鳴りました。これを見てみたいひとはこの星のリンクをクリックしてください。→☆

主人公は7歳のクリストファー君で、母子家庭。母親と過去から逃げて小さな町へやって来ます。クリストファーはとても良い子なのですが、Dyslexiaらしく文字が上手く読めません。それが原因でいじめられます。母親のケイトにはお金がありません。そんなある日クリストファーは雲の中に顔を見つけ、それを追って森で行方不明に。6日後に発見されるのですが、戻って来たクリストファーは勉強もできるし、何か以前と違います。

これが冒頭です。しかし、この本700ページ越えです。
それだけで終わる単純な話な訳がないのです。

こうだったら怖いな・・・と思うような事がバンバン起こるのが怖いんです。特に登場人物が子供なので余計に感情移入しちゃってるしね。
そして、これでもかこれでもか!という具合にクライマックスシーンみたいな場面が目白押しなのです。

主人公以外の目線でも話が進みます。どのキャラも何かしらの問題を抱えていますが、もう感情移入しまくりです。

という具合にハマりまくって読んでいました。
Imaginary Worldがどこで、Imaginary Friendだ誰なのかが分かってくると、私には理解できない世界に突入していきます。なんかお説教じみてるというか、Preachyな印象もあって、500ページぐらいまでは星5つつけようと思っていたんだけど、エンディングに向かって行く方向が私向けではなく、星を1つknockdownしました。

しかし、それでも読んで良かったと思えました。
とっても文章や書き文字がクリエイティブなので、文字を追いながら読んだ方が良い(その割には読み易いです)のですが、Audio Bookもかなりナレーターが上手いのでお勧めです。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Carrie


By Stephen King
 
お気に入り度:★★★
英語の読みやすさ:★★★☆
怖い度:★★☆
ムカムカ度:★★★★★
 
 
とうとう読みました。
3度も映画化された「キャリー」です。
映画のシーンから、頭から血をかぶってすごい形相になっているキャリーの姿を想像する人が多いでしょう。
で、怖い~って感じになるわけですが、私はこの小説、怖いよりもなによりも何ってひどい話なんだ!と思いながら読みました。
 
 いじめっ子達のやる事が酷過ぎる!残酷やわ。
キャリーが可哀想過ぎるでしょ、これ。

お母さんも酷い!狂信者の母親に育てられて、まともに育つわけがない(泣)

そんなキャリーが爆発して復讐していく場面は痛快でもありました。(私、好きなんだよね。超能力とかそういうの)
でも悲しいのです。

という事でホラーという感じがしなかったんです。
ホラーを期待して読んだのに。虚しいわ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】The Amityville Horror

 
By Jay Anson
 
お気に入り度:★★★★
英語の読みやすさ:★★★★
怖い度:★★★
 
 
10月はホラー本を読むぞ~と張り切っていたら、9月末に既にもう読みたくなってしまって、見切り発車したのがこの本です。
 
表紙に「A True Story」と書いてあります。訴訟騒ぎにもなったようで、どこまでが本当なのか。
 
珍しいんですが、この本Kindle版がありません。(Audibleはあるのに・・・)
今の所はマスマーケットのペーパーバックでしか手にはいらないのですが、今年の12月3日にペーパーバック版が発売になります。ページ数少ない(200ページちょっと)のに$16だそう。日アマだと1,824円です。
 
私のマスマーケット版は古本でゲットしてあったのですが、古本である証拠に裏表紙にバーコードがついていません!!(バーコードって大体1980年すぎてからついたよね?)
20190930184441428.jpeg

私の持ってるこのバージョンは、1978年の本でした!!
お話しは1975年の事で、初版が1977年だから、40年以上も前の本です。そりゃ紙も黄色くなるよね。
でも、この古い感じがホラー感を増していていいんですわよ。
 
Lutzファミリーがドリームホーム(だと思ってた)に引っ越してきてから28日間のお話しです。
その家では、1年前に息子が親と兄妹合わせて6人を殺害するという事件があったのです。
引っ越してきてから次々に起こる怪奇現象~。お祓いに来てくれた聖職者にまでその手は及ぶ強力さ!
というあらすじですが、本当に色んな事が起こるんです。
普通、幽霊屋敷なら、例えば幽霊が出る!とか、ポルターガイスト現象が起こる!とかじゃないですか?しかしこの家では悪さをしてるのは悪魔だけじゃないの?なのです。ありとあらゆる事象が発生します。
 
実際にLutzファミリーがこの家を出て、別の家族がその後この家に住んだようなのですが、その家族は全くこんな現象にあわなかったらしいんです。
じゃぁ、それまでいた霊やら悪魔やらはいったいどこに行ってしまったの?という不思議な事に・・・
 
全体的に英語は理解しやすいし、ストレートに内容が頭に入って来ます。
239ページしかないので一気読みできます。
基本私にとってAmityvilleは遠いし他人事なので、怖いというよりも、どないなるねん?の気持ちの方が強かったのです。怖さが欠けたので星も一つ落としました~。
実際に自分が購入した家で自分がこれを体験したら超怖いけどね~。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】図書館の本2冊 2019/9/28返却分

またまた借りてきた図書館の本2冊を読み終えましたので、簡単に感想をまとめておきます。
明日返却予定です。
 
1冊目
Killing Floor (Jack Reacher, #1)

By Lee Child
GoodReadsの星評価4.05
元ミリタリーポリスでめっちゃ強い男が主人公。男が思う男の理想形はこういう人なんだろうな。と思います。アクションシーンも分かりやすいし、痛快でもある。という事でハードボイルドが好きな人達は、絶対これはハマるんだろうね。話は面白かったんだよ。特に冒頭からリーチャーが強さをちょっとずつ出していくあたり。
でもね、私はこの人の文章がダメだったんです。英語は簡単な方だと思います。だって、どの文章をとっても短いし。短い文章の後に、単語が3つ並んでいるだけ!みたいなのも沢山ありました。私はこれが好きじゃなかったのです。この短い文章が話に勢いを与えているのは分かるんだけど、私的には鼻白むというかなんというか。
 
ところでこの作者がなぜこのペンネームにしたか知っていますか?
Leeは家族の内輪でのジョークからなんだけど、Childの方は、本屋さんの本棚で、Raymond ChandlerとAgatha Christieの間に挟まれたかったかららしいです~。笑えるね。
 
しかし、映画ではこのJack Reacher役をTom Cruiseがやったらしいんだけど、本読むと全くイメージが違うよ!笑えるぐらいよ・・・
 
 
2冊目
The Last Child (Johnny Merrimon, #1)

By John Hart
GoodReadsの星評価4.13
双子の方割れが行方不明になり、残されたお兄ちゃんが必至になってあきらめずに探し続けるんだけど、このひたむきさにおばちゃん(←私の事)やられました。旦那さんも行方不明になるんだけど、このおかあちゃんが、薬におぼれるんだよね。これがもう個人的には許せなかった!あんたがしっかりせなあかんがな!と突っ込みまくりました。
ミステリーなのに、家族の問題も絡んでて、この辺が話に深みを与えてたと思います。
しかし、周りはみんな何かしら暗い秘密をもってるんだわな~。複雑・・・
英語は読みやすいです。Lee Childよりは一文一文は長いけど、そんなに苦労する程じゃないしね。
 
という事で、今回借りた2冊、英語レベルとしては難しくはないと思いますが、どちらの本も評価が高いので、英語だけど面白い本を!!ってことならお勧めです。
 
さて、明日は図書館でどんな本がみつかるかな?

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR