【読了】The Between


By Tananarive Due

今年に入って、Octavia Butlerという作家に惚れました。
そして、今回、このTananarive Dueという作家に惚れそうです。

まず、文章がキレイなんだな〜。
この本、分類はホラーなんで好き嫌いは分かれると思います。
私はめっちゃ好きです。
寝る前の30分で静かに文章を味わってじっくり読んでいたら思いの外時間がかかってしまいましたが、読んでよかった。
(眠気に勝てなかったのが一番時間がかかった原因ですが)
そにしても静か〜に話が流れていくのです。
この本はデビュー作でしたが、この本よりもヴァンパイア物のシリーズ作品の方が評価が高いのでこれをめっちゃ読みたい。

そもそもこの作者の本を読んでみようと思ったのは、例の如し、Stephen Kingのお勧めでした。
読むべき女性作家だったか女性スリラー作家だったか??
多分、息子のJoe Hillが誰がお勧め?ってツイッターで聞いたのに対して、お父ちゃんのKingがいっぱい名前を挙げたうちの1人でした。
流石、Kingが絶賛するだけあるわ〜。

この本は古本屋さんでゲットしました所、作者からMAXさんへメッセージとサインが書かれていました。
20180528135926ef8.jpg

MAXさんもちゃんと読んだようで、中に所々蛍光ペンでマークがしてありました。
が、何でこの本売っちゃったんだろうなぁ?
メッセージは「Never forget your dreams!」とあります。
を忘れるな!」という事ですが、MAXさん、夢を諦めてしまったのか?と本を読む前は単純に考えておりました。
本を読んでみて、「夢」という言葉にもっと重さがある事と思いました。
主人公Hiltonは子供の時に海で溺れそうになった時におばあちゃんに助けられるんだけど、その時におばあちゃんを亡くす。
その後、家族もでき、奥さんは黒人で初めて判事に選ばれた1人。しかし、その奥さんを良く思わない奴から脅迫状が届くようになる。その頃からHiltonは夢に悩まされるようになる。
そう、夢がモチーフに組み込まれているのだ!!!
MAX〜なんで売ったんだ〜!?多分高くは売れてないと思うんだわ。だって、私が買ったのも$4ぐらいだしねぇ。

ま、そんなこんなですが、良い作家を発見しました。また読むぞ〜い。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】The Perfect Mother


By Aimee Malloy

The Perfect Mother
By Aimee Molloy

この本発売前に1日だけKindle版が安売りになりました。
それに飛びついて買っておいたら、発売当日に私のKindleに追加されていました。そして、ScribdにAudio版がある事に気がついたので、KindleとScribdを行き来して一気読みでした。

同じ月に出産予定のママ達が友達になったりする事って実際にありそうじゃありませんか。グループ組んで相談し合ったりって普通にありますよね。このMay Mother達が出産6週間後だか7週間後に飲みに行こう!と計画して、シングルマザーはベビーシッターを雇ってバーに繰り出すのです。しかし、このシングルマザーの子供が消えてしまうのです。

一人の母親として、この登場人物達に共感する部分が沢山あります。ストレス発散の為に飲みに行って罪悪感に苛まれるとか、批難されるとか実際にある事じゃないですか。
それぞれの母親の気持ちが痛いほど伝わって来ました。

赤ちゃんがどうなったのかをはじめとする、謎解き部分も気になってほぼ一気読みしました。
謎が分かった後も、半分泣きそうでした。

しかし、この本は、母親には共感される部分も多いんだけど、男性とか独身者が読んだら印象が変わるんじゃないかな?と思うので、感想を聞いてみたいですわ~。

今、日本のアマゾンだとKindle版が安いみたいなので、買うなら今ですよ~。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】The Door into Summer


The Door Into Summer
By Robert A. Heinlein

先日、Audibleでクラシック本中心の2-1 Creditのセールがありました。
クラシック本は、Kindle本と抱き合わせで買うと安くなる事が多くて、あまり恩恵を感じられないセールだったのですが、Twitterで今回はSFのセレクションがいいよと教えてくれる人がありまして、確認してみますと確かにその通りでした。(欲しい本が数冊見つかり、最低限に絞るのに苦労しました)

この本はその中の1冊です。
お勧め頂いたのは同作者の別の本なのですが、この本のタイトルに覚えがありまして、なんでだったかを解明すべく、こちらの本を選びました。
邦訳されていて「夏への扉」というタイトルがついています。この日本語版の本の表紙にも見覚えがあります。
何で知っているのだろう???
答えは分かりませんが、おそらく本の雑誌「ダ・ヴィンチ」か何かでこの本がお勧めになっていたのではないかと想像しております。


実は私、子供の頃(今の息子の年齢の頃)、はまっていたのが日本人作家によるSFでした。
星新一とか筒井康隆とかが好きでした。(余談:なぜだかSF御三家の小松左京は読んだ記憶がないのですが、どうしてだろう?これを機会に読んでみるかな?)
このハインラインの本は、あの頃を思い出させてくれました。

1956年初版で、未来が2000年の事を書いてあるのですが、現実とのずれを読むのが面白かった。ハインラインはこうなると予測していたのかな?
この本、日本で非常に評価が高いですね。SFだけど、猫が出て来たりロマンチックだったりするのでSFの硬さが緩和されているのがいいんでしょうね。

さて、ハインラインを読んで、昔読んでたSFをまた読みたくなっています。
特に星新一のショートショート。今読んでも面白いかしらね!?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Ready Player One


by Ernest Cline

やっと読みました。
この本をゲットしたのは1年半ぐらい前だと記憶しております。
映画化されるという話が出たので、読まなきゃな〜と思っていたら現在映画館で放映中だというではありませんか!
超出遅れております。

この本はゲーマーで80年代のポップカルチャーが好きな人(その時代で青春を謳歌した人)は楽しめる仕上がりとなっております。
私は全くゲーマーではありません。パックマンすら1回ぐらいしかやった事がなく、ステージをクリアなんて野望に近いものがあります。
そんな私でもこの本は楽しめました。
実際にここに出てくるゲームをやった事がある人はもっと楽しめるんだろうと思います。

結構日本の特撮ヒーローやアニメについての言及もあります。
これにはテンション上がりました。
紙媒体とオーディオブックを行ったり来たりしたので、ナレーターの日本語の単語の発音の関係で「ん?」
思った場所もありました。
マグマ大使が出て来た時には80年代じゃないじゃん!と思ったけど、リメイクが92年ー93年にあったそうで…
ナレーターの発音で、”Black Dragon"を日本語風に読む所があったのだけど「ブラクドラゴン」って言ってました。やっぱり英語の人は促音が苦手なんだね。
日本人キャラが「◯◯は切腹はしない」と飛び降り自殺について言う場面があって、それは違うやろ〜と。
しかし、そんな事は些細な事。

最後は私的には意外とあっけなく終わった印象だったけど、最後まで面白かったわ〜。


さて、この後、映画を見るか否か!?
トレイラーをみる限り、かなり設定が変わっている印象。
どうしようかな〜?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】The Passage


by Justin Cronin

スティーブンキング絶賛のApocalypticなSFファンタジーホラーという事で、古本をゲットしていた所、Audibleがシリーズ1作目セールをやりました。これは読むしかない!(The Passageは3部作の1作目)

ちなみに766ページあります。1ページ1ページにも字がめっちゃ詰まっています。
しかし、めっちゃページターナーです。

アメリカの政府の施設で延命の研究がされていて、死刑囚を使った人体実験が行われていた所、それが間違った方向に進み、吸血鬼のような生命体を生み出してしまう。(トワイライトなんかで美化されたヴァンパイアとは全く違い怪物チックです)
前半はこの吸血鬼のような生命体が解き放たれるまでの話で、後半はそこから93年後の話になる。

この本、とにかく描写が細かいです。そして容赦ない。
お気に入りのキャラクターに何かあるたびに「あ〜!!!」と声が出ました。
キャラクターが本当に良いんです。思い入れも出て来ます。

しかし、とくに後半からかな?名前がいっぱい出て来ます。混乱します。
なので、この本を読む時は名前メモなりなんなりを作って対策しながら読み進める事をお勧めします。私は新しい名前が出てくる度に付箋に名前を書いてそのページにくっつけて行きましたが、かなり沢山の付箋が必要でした。

さて、本の末尾に著者とのQ&Aが載っていますが、そこに、この本を確認至った話の説明があります。
それによるとクローニン氏(作者)のジョギングに娘さんが自転車でついて来て、その時に小説のアイデアを2人で話していて、物語の基礎ができたそうなのです。
娘さんからの注文は「女の子が世界を救う話」だったそうで、なるほど、だからAmyなのね!と納得しました。

星は4.5をつけました。5でもいいんじゃないの!?なのですが私にとっては登場人物が多すぎました〜。

この本を読み始めてすぐに、これは絶対に続きが読みたくなるという予感がしたので、Barnes & Nobleの15%OFFセール利用して続きの2冊をポチりましたが、まだ届いておりません〜!荷物の追跡もしてみましたが今どの辺りにあるのかもさっぱり分かりません〜。なので、続きが届くまではちょっと読み返したりして復習しておこうかな?

早く届け〜!!!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR