【読了】A Stranger in the House


By Shari Lapena


Spookathonの主催者の一人のLalaちゃんが、この本を紹介しておりました。
今月の本屋の会員割引20%の日に見つけちゃいました。これは、読めって事かな?と思って購入。

結論から言うと、ページターナーです。英語も読みやすい。真相が知りたいので就寝時間を過ぎてからも読んでしまいました。
「The Couple Next Door」の作者という事なので、きっとそれも面白いに違いない!と思います。


が、キャラクター達が好きになれませんでした。
特にモテ男君のTomですが、なんでそんなに愛されるのか全く分かりませんでした。
芯がないタイプ。だから女に翻弄されるんだわ!
冒頭ではまだ男気のあるやつかと思ってたんだけどね。

昨日の夜に夜更かしして読み終えようと思ったのですが、最後の15ページを残して超眠くなってしまったため、あきらめて寝ましたが、今朝、最後まで読みました。
この15ページで話の印象がゴロっと変わってしまいました。
ひゃ~。女って怖いわ~。なのでした。

さっと読めるサスペンス系ミステリーをご希望の方、ぜひ読んでみてください。で、このキャラクター達についてどう思うか語りませんか?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】The Butterfly Garden


By Dot Hutchison

10月に入りましたので、『怖い』本を読もう!という事で、まずは、Thriller/Mystery/Horrorのラベルがついてるこの本から。
結論から言うと、もっとドキドキしたかった!のです。

Bird Boxの時に感じたあの得体のしれないぞっとする感じがこの本にはありませんでした。
The Girl with All the Giftsの時に感じたあの追いかけられる恐怖も感じませんでした。
Dark Matterの時に感じたどうしたらええねん!というどうしようのなさもありませんでした。


という事でドキドキ度が低かったのがとても残念。

起こっている事件としては、本当にあったら許されないし、自分が犠牲者ならめっちゃ嫌なんだけど、話の進み方が、被害者の女の子の1人称と、それを取り調べるシーンの3人称がしょっちゅう変わるので、ドキドキ感が削がれるちゃうんだよね。

ネタばれにならないように濁して言うけど、男2人VS女20人なのになんでビビってるの?というところが一番引っかかりました。一致団結してやっちゃえよ!なのですよ。
この犯人めっちゃ金持ちです。こんなガーデン作れるなんて!!金持ちは恐ろしい…


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】A Small Revolution


By Jimin Han

Amazon Premium会員特典のKindle Firstでダウンロードした本です。
2017年4月のセレクションの1冊でした。
作者が男か女か分からないままに読み始めました。読んでてもどっちか分からなかったので途中で検索したらK-POPシンガーみたいな可愛いお嬢さん作者でありました!

Lloydという韓国系アメリカ人の学生が、4人を人質に学生寮に立てこもり、友人のJaesungの解放を要求。しかし、Jaesungは韓国で死んだとされています。LloydはJaesungは北朝鮮に捕まったと主張。
どこまで本当なのか、Lloydの精神状態が信用がならないので妄想なのかどうなのか分からないまま物語は続いていきます。
Jaesunの彼女のYoonaも人質の一人ですが、Lloydの説得を試みます。人質4人は助かるのか?

と、結構スリリングです。
Kindle Firstは無料でダウンロードできるし、Audibleの抱き合わせも$1.99で翌月からダウンロード可能なのでAudibleでほとんどを読んで(聞いて)、ところどころをKindleで確認するスタイルで読みました。

さて、しかし、話の終わり方が嫌だ~。
納得できない~。
でした。なので、GoodReadsは星3つにしました。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】The Night Bird


By Brian Freeman

USアマゾンのプライムメンバーだと、Kindle Firstという特典があって、発売日がまだの5~6冊ぐらいのセレクションの中から1冊無料でダウンロードできます。
この本はその特典を利用してダウンロードしました。

ミステリー、スリラー、サスペンス系だったのですが、これがなかなか面白かったです。

催眠なんだかなんだかの方法で恐怖の根本となる記憶を消し去って恐怖症を治療する精神科の先生の周りで、変死を遂げる患者。
ちょっと待って~、そんなに簡単に記憶って操れるもんなの~!?
と思いつつも、結構先が気になりました。

変死を遂げる人達は、キャロルキングのナイチンゲールを聞くと豹変するんだけど、そんな事本当にあるの~!?
と、催眠術に猜疑的な私は最後まで、そんな事あれへんやろ~と言いつつ、そんな事ができるならばの仮定のもと読み進めました。

そしたら、そこそこ怖かった。

Detectiveの名前がFrostっていうんだけど、そんなDetectiveどっかにいたな。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】What She Knew


By Gilly Macmillan

KindleとAudibleの抱き合わせが非常にお得だったのでダウンロードしました。
この本、アメリカでは「What She Knew」というタイトルなのに、イギリスでは「Burnt Paper Sky」というらしいです。ややこしや〜。

1人の母親として主人公のRachelに肩入れして読まずにはいられませんでした。
子供からちょっと目を離す事ってあると思うんです。その隙に子供が誘拐されたら…
考えるだけで冷やっとしてゾッとします。
プレスの前で暴発する事だってあると思います。平常心を保てる訳がない!

それを関係ない人たちが母親がやったに違いないと、かってに言うだけじゃなくて、SNSなんかで批判コメントを堂々とあげる。
無責任な発言が関係者を苦しめる事なんて考えてもいない。
怖い世の中です。

この事件をきっかけに関係者たちの見せたくない部分が露呈して、疑ったり、友情が壊れたり。
人間って複雑ですな。

本当によく書き込まれていると思いますが、その内容に対して結末があっさりというか尻窄みというような印象を受けました。でも、ま、これで良いのかな?

日本でもこの本、Kindleが安いので是非読んでみてください。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR