大阪マラソンの英語

今日も本の話ではありませんが…
実は私はランナーでもあります。いや、速くないからジョガーかも。いや、最近サボっているからジョガーとも呼べないかも。

大阪出身という事もあって毎年大阪マラソンに申し込んでおります。
そして、海外枠があるのかどうかは定かではありませんが、毎年当選して大阪を走らせて頂いております。

今年の抽選結果の発表は今日だそうです。当たっているかは不明ですが、ちょっと気になって大阪マラソンのサイトにログインしてみました。が、そこに書いてある英語がいまいち英語らしくありません。

毎年、大会の概要、ルールなどが海外から申し込む私にもメールで英文で送られて来ますが、意味の分からない部分が多々あります。どうしてネイティブチェックをかけないのか??疑問です。

The lottery result is scheduling guidance for begining of June, 2016 by e-mail.

と書いてありますが、スペルミスもあるし、"is scheduling guidance"って何だろう?
って、これは誰が訳した英語だろう?

私は、海外在住ではあるけれど、日本語OKなので、日本語で案内してくれればいいんだけどなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

笑える自動翻訳(Etsy)

今日は本の話ではありません。
私のもう1つの趣味のためにEtsyというサイトを検索していた時の事です。
何故かスマホのアプリで検索をかけると時々これが勝手に言葉を翻訳してしまうのですが、その翻訳が笑えます。
今日は、『Womder Woman』の生地を探そうと検索していたのですが、所々を訳してくる和訳がすっ飛んでて笑えましたのでここでご紹介。
『Womder Woman』なんて、「ワンダーウーマン」とカタカナ表記にしてくれれば良いのに、

「疑問に思う女性」です。そうか!ワンダーウーマンは問題意識が高いのね?ってちがーう。

「スーパーヒーローだろう」って。スギちゃんっぽい…

「不思議女」悪口になってきた。

「脅威女性」やっと意味が近づいた!!だけどやっぱり日本語に直すと必要のない言葉だからか違和感バリバリ。
おまけ。

「鉄男」=アイアンマン!!

Etsyでは翻訳機能をオフにしたと思っていたのですが、
時々こんな面白い訳を見せてくれます。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ライティングにつながるリーディング10(最後に)

長々と書いてきましたが、今回で10回目。そろそろ終わりにします。

以前に、ある英会話学校で英会話講師をやっていたことがあります。
その頃に生徒に言っていたのは、「できるだけ沢山英語に触れ、英語を使ってください。」でした。日本で普通に生活していれば、英語が分からなくても生きていけます。
生徒各個人それぞれの英語を勉強する目標・目的は違いましたが、英語に全く触れない生活をしていて英語が使える訳はありません。(英語に限らず、どんな言語も同じだと思いますが。)
だから生徒には、英語に触れる時間を増やせ!と言っていました。

今の日本は私が英語を学び始めていたときよりもかなり恵まれていると感じます。
私が学生の頃は英語の音に触れようと思ったら、ラジオがメインでした。
私はNHKの英語よりも『百万人の英語』(1958年~1992年まで放送)が好きで、特にハイディ矢野の回は欠かさずに聞いていました(ゲラゲラ英語ってやつです。知ってます?)。
しかし、他の曜日は眠気に勝てず(確か、夜遅かった)最後までなかなか聞けなかった記憶があります。
テレビで放映している洋画を英語で聴こうと思ったら吹き替えと英語を切り替えられるテレビを持っていないといけませんでした。
英語の本は電車に乗って隣町まで行かないと買えませんでした。
そう、あの時代の英語の習得は今よりも大変だったのです。

今は、ネットがあります。YouTubeがあります。本はダウンロードできます。
ただで実際に使われている英語やその音源に触れることに事欠かない時代です。

好きなテーマの英語のブログでも探してみてください。
本のハードルが高ければ、無理して子供用の本を読むよりも、その辺りから入るのが面白くていいかも知れません。

まずは「好きなこと」を読んで書けるようになるのが基本ですが、ある程度できるようになったら、頑張ってステップアップが良いと思います。

英語に限らず語学はちょっと勉強したからと言って使いこなせるようになるようなものではありません。気長に地道にやっていくのが一番の近道です。
このブログを読んでくれている人は英語に興味のある人だと思います。
レベルアップを図りたいのであれば、英語に触れる時間を増やす!ことが大事です。
まずは、いっぱい「読む」ことをお勧めします。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ライティングにつながるリーディング9(リーディングのレベルアップ)

さて、初心者を卒業してそろそろもう少し高度な英語を…と思い始めたら、リーディングのレベルも上げていかないといけませんね。
留学中に取ったクラスの中に、きつかったけれども為になったクラスがありました。それは政治経済のクラスでした。
教科書を読む宿題にとどまらず、新聞を読まされました。
おまけに、読んで何が書いてあってどう思ったを簡単なエッセイにまとめて提出でした。
これは、本当に辛かった…大体私は英語の新聞なんて読んだことのない人でした。
なのに、学割もらって新聞を定期購読しました。新聞買っても毎回読むのはhoroscope (星座占い)のみで、後は芸能ニュースとかスーパーのクーポンなんかを見るのは楽しかったですが、政治経済にいたってはちんぷんかんぷんでした。
よくあのクラスをドロップしなかったものだと、今でも不思議で仕方がありません。(←なぜあのクラスを取ったのかも今となっては不明です)
あの頃は今のようにネットを活用できるような状態ではなかったので、内容を日本語で確かめることもできず、本当に毎回苦しんでおりました。
しかし、あの経験は私が通らないといけない道だったような気がしています。
やらされないとやらないようなリーディングのチャンスを貰ったようなものでした。
今よりも上を目指したいという事であれば背伸びをしたリーディングも必要なんですね。
しかし、英語が難しくなってくると行を目で追うのも大変です。
そんな時にはどうしたら良いか。ですが、私はAudio Bookを併用するのが良いのではないかと思っています。聴きながら読むのです。
目と耳、両方からインプットすると目だけの時よりも情報を取り込みやすいです。
何よりも同じ行を何度も繰り返すという無駄がなくなります。(←疲れている時に興味のないものを読むと同じ行から目が離れなくなります。私だけではないはず!?)
今、仕事のために読んでいるテキストブック(英語)にもAudio Bookがあればいいのに…と密かに願っておりますが、実現しそうにありません。
辛抱強く読むしかないですね。
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ライティングにつながるリーディング8(インプットに使うもの その2)

前回初心者は読みたい物を読まないといけないという事を書きました。

うちの息子(9歳)の場合。
息子は日本語ですが、漫画はすみからすみまでしっかりと読みますが、小説になると、とたんに集中力がかけ、5ページも読めば気が散り始めます。
息子の好きそうな本を探しては読ませてみましたが、どの本の進み具合もいまいちでした。
(活字中毒の母親にはこの辺り似なかったようです・・・残念)
しかし、【妖怪ウォッチ三国志】というゲームがきっかけで【三国志】にはまりだし、ちょうど学校の図書館に子供用のこの本があったので借りて来ました。10冊にも及ぶこの大作を息子は一気に読みました。1ヶ月もかかりませんでした。
分からない言葉が出てくると時々質問されましたが、その集中力はいつもの息子ではありませんでした。
読書をいくら勧めてもちっとも気乗りしなかった息子が自ら進んで漢字だらけ(ふりがな付き)の本を読みきり、自信がついたのか、少し日本語を読むことに抵抗がなくなったようなのです。

私も以前は洋書なんて読める訳がない!という思い込みがあったので英語の本を手に取ることはありませんでした。
私が洋書を読むきっかけになったのは、日本語で【ハリーポッター】の1巻を読んだら続きがどうしても読みたくなり、2巻の翻訳を待たずに英語の本を手にしたのがきっかけでした。

そう、上の例は言語が違いますが、自分が面白いと思う本を読む所がスタートだというところが共通しています。

今、英語の本を読もうと思っているけど、全く先に進まないというのなら、それは自分の興味と本の内容が合致していないのかも知れませんね。

読み始めは好きな内容のもの!なのですが…
続きは明日。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR