【読了】The Between


By Tananarive Due

今年に入って、Octavia Butlerという作家に惚れました。
そして、今回、このTananarive Dueという作家に惚れそうです。

まず、文章がキレイなんだな〜。
この本、分類はホラーなんで好き嫌いは分かれると思います。
私はめっちゃ好きです。
寝る前の30分で静かに文章を味わってじっくり読んでいたら思いの外時間がかかってしまいましたが、読んでよかった。
(眠気に勝てなかったのが一番時間がかかった原因ですが)
そにしても静か〜に話が流れていくのです。
この本はデビュー作でしたが、この本よりもヴァンパイア物のシリーズ作品の方が評価が高いのでこれをめっちゃ読みたい。

そもそもこの作者の本を読んでみようと思ったのは、例の如し、Stephen Kingのお勧めでした。
読むべき女性作家だったか女性スリラー作家だったか??
多分、息子のJoe Hillが誰がお勧め?ってツイッターで聞いたのに対して、お父ちゃんのKingがいっぱい名前を挙げたうちの1人でした。
流石、Kingが絶賛するだけあるわ〜。

この本は古本屋さんでゲットしました所、作者からMAXさんへメッセージとサインが書かれていました。
20180528135926ef8.jpg

MAXさんもちゃんと読んだようで、中に所々蛍光ペンでマークがしてありました。
が、何でこの本売っちゃったんだろうなぁ?
メッセージは「Never forget your dreams!」とあります。
を忘れるな!」という事ですが、MAXさん、夢を諦めてしまったのか?と本を読む前は単純に考えておりました。
本を読んでみて、「夢」という言葉にもっと重さがある事と思いました。
主人公Hiltonは子供の時に海で溺れそうになった時におばあちゃんに助けられるんだけど、その時におばあちゃんを亡くす。
その後、家族もでき、奥さんは黒人で初めて判事に選ばれた1人。しかし、その奥さんを良く思わない奴から脅迫状が届くようになる。その頃からHiltonは夢に悩まされるようになる。
そう、夢がモチーフに組み込まれているのだ!!!
MAX〜なんで売ったんだ〜!?多分高くは売れてないと思うんだわ。だって、私が買ったのも$4ぐらいだしねぇ。

ま、そんなこんなですが、良い作家を発見しました。また読むぞ〜い。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】The Passage


by Justin Cronin

スティーブンキング絶賛のApocalypticなSFファンタジーホラーという事で、古本をゲットしていた所、Audibleがシリーズ1作目セールをやりました。これは読むしかない!(The Passageは3部作の1作目)

ちなみに766ページあります。1ページ1ページにも字がめっちゃ詰まっています。
しかし、めっちゃページターナーです。

アメリカの政府の施設で延命の研究がされていて、死刑囚を使った人体実験が行われていた所、それが間違った方向に進み、吸血鬼のような生命体を生み出してしまう。(トワイライトなんかで美化されたヴァンパイアとは全く違い怪物チックです)
前半はこの吸血鬼のような生命体が解き放たれるまでの話で、後半はそこから93年後の話になる。

この本、とにかく描写が細かいです。そして容赦ない。
お気に入りのキャラクターに何かあるたびに「あ〜!!!」と声が出ました。
キャラクターが本当に良いんです。思い入れも出て来ます。

しかし、とくに後半からかな?名前がいっぱい出て来ます。混乱します。
なので、この本を読む時は名前メモなりなんなりを作って対策しながら読み進める事をお勧めします。私は新しい名前が出てくる度に付箋に名前を書いてそのページにくっつけて行きましたが、かなり沢山の付箋が必要でした。

さて、本の末尾に著者とのQ&Aが載っていますが、そこに、この本を確認至った話の説明があります。
それによるとクローニン氏(作者)のジョギングに娘さんが自転車でついて来て、その時に小説のアイデアを2人で話していて、物語の基礎ができたそうなのです。
娘さんからの注文は「女の子が世界を救う話」だったそうで、なるほど、だからAmyなのね!と納得しました。

星は4.5をつけました。5でもいいんじゃないの!?なのですが私にとっては登場人物が多すぎました〜。

この本を読み始めてすぐに、これは絶対に続きが読みたくなるという予感がしたので、Barnes & Nobleの15%OFFセール利用して続きの2冊をポチりましたが、まだ届いておりません〜!荷物の追跡もしてみましたが今どの辺りにあるのかもさっぱり分かりません〜。なので、続きが届くまではちょっと読み返したりして復習しておこうかな?

早く届け〜!!!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Rise of the Hearts


By Antoine Bonner


NetGalleyがお勧めしてきたのでリクエストしてみたらすぐに貰えた本です。
ただでもらっておいて、ネガティブな評価は心苦しいのですが、正直に思った事を書いときます。

Nathanielはずっといじめられてきて、唯一の友人は妹のKimだけ。女の子にもうざがられている。しかし、ミラクルなパワーを手にして好みの女の子を惹きつけられるようになるのだけれども、このパワーには代償が!
というジャンルはホラーの本。

しかし、この本。英語は非常に簡単で読みやすいのですが、いかんせん『Far-fetched』で『Absurd』なのです。そんな訳で全く怖くない!あり得ない程のアホらしさです。
短いしさらさらと読めるのでさらっと50%ぐらいまで読んだところで、これはあかん小説なんじゃないかと思い始めたのでやめようかと思いましたが、ここまで読んだので最後まで付き合ってやろうと思って読み終えました。

あかん小説でした。
色々とBuild Upしたのに、そんなあっさり終わる?という終わり方で、全くこの作者が何が書きたかったのか分かりませんでした。

日本で言う木下半太的なアホらしさなら結構好きなんだけど、この本はあり得ない出来事が全くつながってこないので、なんじゃこりゃ状態のまま終わる感じです。

星1つにしようか2つにしようか悩んだんですが、さらさら読めるという一点だけで2つにしときました。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】IT


By Stephen King
*このリンクの表紙は私が読んでたバージョンの表紙とは違います。

1月1日になったら読もうと思って昨年にペーパーバックを買っておきました。
いざ、読み始めるとあまりの字の小ささに閉口。仕方がないので、Audibleもダウンロードして、聴き読みをしました。
私のもっているペーパーバック(白)は1,153ページありましたが、別バージョンだと1,400ページぐらいあるのもあるそうで...とても持ち運びができる重さではありませんでした。
この重さ。
一番辛かったのは寝っ転がって読めないという事!

さて、内容についてなのですが、いかんせん長かった。
しっかり読んだつもりのなですが、流して読んでいた時もあったことでしょう。

一番の感想は、キングは悪いやつはとことん悪く描くので読んでてそいつらにめちゃめちゃムカついた!!
ITにも「IT」以外の悪い奴が出てきますが、こいつらが悪い!のでITにやられてしまえ!と思いつつ読んだのであります。

さて、本筋に入ります。
はみ出しっ子達が仲良くなって一緒に行動をするあたり、少年達が主人公の「Stand By Me」を彷彿とさせます。
27年毎にこのITが悪さをするこの町で、少年時代にやっつけたはずのITが大人になって現れて、あの時の少年達が呼び集められます。
いやぁ〜、もう途中はこの人達、悪い薬でもやってんじゃないだろうか?と心配になりました。
(もしそんなオチだったらどうしよう!?という心配もしました)
後半は、少年時代の話と大人になってからの話が交互になる書き方の所があり、結構戸惑いました。

星をつけるとすれば、3.5。楽しんだ割には低いじゃないか!?と思われるでしょうが、2箇所、ええええ〜〜〜〜。となりそこで星が下がりました。
一ヶ所はこの本を読んだ人なら誰でも分かるんじゃないかな?と思われるあの問題のシーンです。
もう一ヶ所はITの正体らしきもの。なんじゃこれ?と、なりました。

とりあえずは、Kingの代表作を一つ読み終えたので一安心。
今年は他のKingの本も何冊か読みたいなぁ。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】‘Salem’s Lot


By Stephen King

どうしても怖い本が読みたくて、King様にかけてみる事にしました。
う~ん。怖いんだけど、割と平気に読めちゃった感じ?です。

1975年初版の本なので、きっとこれ以降にもっと怖いのがいっぱい出ていて、そちらを知っているからこれが物足りなく感じたのだと推察しております。
登場人物が多すぎて名前で混乱しますが、要はメインキャラクターさえ覚えておけば、同じ人が2回登場することはなかったりして・・・この辺はスッキリした欲しかったですわ~。(登場人物多いと名前だけで嫌気がさすのよ~)

何だかんだ言っていますが、キングは流石に読ませますね〜。
最近の作品よりは真面目な感じでがするんだけど、これがメジャー2作目だとするとすごい筆力ですよね。

Benといい関係になるSusanですが、ちょっと早すぎない?と思いました。そう、Benとそうなるのも、そっちの世界に行っちゃうのも、決着つけられるのも。
メインキャラなのに扱い悪いわ〜。

しかし、どんどん吸血鬼が増殖していったけど、他の地に行っちゃったりしないのかな〜!?
そうしたら怖いなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR