5月のYA本 (Subscription Box)

もう6月も後1週間ちょいになってしまいましたが、5月にメジャーなYAのSubscription Boxがどんな本を送ったのかご紹介。

Owlcrate (US): 購読料$29.00/月+送料
Eliza and Her Monsters by Francesca Zappia

今月からOwlcrateではExclusive Coverをお届けしているようです。(owlcrate限定ってやつですね)
だから本当はちょこっとだけ色が違うんですよ。


LitJoy Crate (US): 購読料$29.99/月+送料
Flame in the Mist by Renee Ahdieh

ムーランのRetellingだそうですが、なぜか主人公は日本人だそうです。

FairyLoot (UK): 購読料£26.00/月+送料
Flame in the Mist by Renee Ahdieh

え? Fairylootもこれ?

The YA Chronicles (Australia): 購読料$29.99/月+送料
Flame in the Mist by Renee Ahdieh

ええええ?The YA Chronicleもこれ!!
という今年で3社が同じ本をお届けしたことが判明しました!
よっぽど面白い本なのか、出版社が力を入れているかのどちらかでしょうね。
ちょっと読んでみたくなりますね。

UpperCase Box (US): 購読料$23.00+送料
Windfall by Jennifer E. Smith

今、この本を読んでいますが、誕生日プレゼントに買った宝くじが大当たりする話です。


My Book Box (US): 購読料$39.95/月 (US内は送料無料)
(このBoxには自分で選んだジャンルから1冊ずつ計2冊が送られてきますが、現時点でまだ手元に届いていないのです。でも、YA本が何なのかは知っています。)
YAからの1冊は多分これです。
Ramona Blue by Julie Murphy

同作家の「Dumplin'」は読んだことがありますが、割と面白かったので、これを読むのは楽しみです。





5月はこんなこんな感じでした。
LitJoy CrateとFairylootとThe YA Chronicleを購読している人はいるかしら?
いたとしたら同じ本3冊。困るねぇ。






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

リストの影響

世間には色んな本のランキングとかリストがあふれていますね。
個人的なものから、一般の意見を取り入れたものから、本当に沢山あります。
40 Books Every Woman Should Read Before She’s 40」(40歳までに全ての女性が読むべき40冊の本)とか
30 Classics You Should Read Before You’re 30」(30歳までに読むべき30冊のクラシック本)
とか、何故か年齢制限のあるものも多いです。
これにはなんでやねん!と突っ込みを入れたくなります。だって、そんなお年頃なんて過ぎ去りし過去の事だもの~。
生涯で読むべき100冊の本とかなら年齢関係なくて良いんだけど。

しかし、こういうのを見ると読みたい本がぐっと増えるのです。

そんな中、こんなのを見つけてしまいました。
私はサマセットモームの言葉の選び方とかが好きなので、次はどの本を買おうかなぁと検索していて見つけてしまいました。
彼が書いた「Ten Novels and Their Authors」(世界の十大小説)という本です。

作家の事を知っていた方がその作家の作品をより理解できるという事で、作品だけではなく、作家についても解説しているようなのです。
ここにあげられている本と作家…興味がわきます。
特に英語が原書の本は読まないと!と思ってしまうわ~。
(多言語が原作の場合は、日本語の翻訳でも英語の翻訳でもどっちを読んでもよいというのが私の考えです)

この本に取り上げられている本は以下の通りです。


1. Tom Jones by Henry Fielding (イギリス/英語)「トム・ジョーンズ」

2. Pride and Prejudice by Jane Austen(イギリス/英語)「高慢と偏見」

3. Le Rouge et le Noir by Stendhal (フランス/フランス語)「赤と黒」

4. Le Père Goriot by Honoré de Balzac (フランス/フランス語) 「ゴリオ爺さん」

5. David Copperfield by Charles Dickens(イギリス/英語)「デイヴィッド・コパフィールド」

6. Madame Bovary by Gustave Flaubert (フランス/フランス語)「ボヴァリー夫人」

7. Moby-Dick by Herman Melville (アメリカ/英語)「白鯨」

8. Wuthering Heights by Emily Brontë (イギリス/英語)「嵐が丘」

9. The Brothers Karamazov by Dostoevsky (ロシア/ロシア語)「カラマーゾフの兄弟」

10. War and Peace by Tolstoy (ロシア/ロシア語)「戦争と平和」



まずは、一番読みたいのはこのモームの「Ten Novels and Their Authors」ですが、取り上げられている作品を先に読んだ方が良いのか?モームの解説を先に読んだ方が良いのか?
まずは、ずっと後回しにしている「Pride and Prejudice」を読まないとね。本も持ってるし。
でも、本音を言うと「David Copperfield」の方が読みたいかも…本、持ってないけど…


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今年の後半に読む本の計画

「前回は今年後半の目標」=「Big Bookを読む」について書きましたが、今日は、どんな計画で読むのかについて書いてみます。

現在、積読本が山の様にありまして、どの本も読みたい本なのに、次から次へと読みたい本が出てきてしまって購入してしまうので(私のお小遣いのすべては本に消えています)、読みたい本がたまる一方です。
そこで、今年の後半は、これを消化する読書に専念しようかと思っています。
例外的に他の読みたい本が出てきてしまったら、困るのですが、とりあえずは持っている本の中から計画を立てようと思います。(多分3~4年は本を買わなくても読む本が積読状態じゃないかな~!?)

さて、今年の前半、大体月に8冊のペースで洋書を読んでまいりました。
が、日本帰国時はこのペースが落ちる事が過去の経験から分かっています。
(今年も夏休みは日本に帰国する予定があります)
しかし、とりあえず、1か月8冊の計画を今立てております。

そうすると、7~12月まで6か月で48冊を選ぶことになります。
UpperCase BoxとMy Book Boxの本は優先で読んでいるので、1か月に3冊はもう決まっているようなものです。(8月まで分でMy Book Boxはお休みしようかと思っていますが。)

残りの5冊…
1冊は、Big Book
1冊は、クラシック本
は必須だとすると、他のジャンルで自由に読めるのは1か月に3冊しかないのです。
エクセルで表を作って本を当てはめていく作業をしてみましたが、バランスも大事なのです。
重い本ばかりだと辛いし、紙媒体の本ばかりだと読める数が限られてしまうので、ダウンロード済のAudibleも上手く混ぜつつ…パズルのようです。
(My Book Boxをお休みすれば、11月と12月は自由に読める本が2冊分増える事になります。)

今まだ途中ですが、すでに10月までは埋まってしまいました。
選べない~。
なので、「この中から選ぶ」というカテゴリーができました…
月々の空欄よりも「この中から選ぶ」の本の数の方が多いのです。
ま、そこは気分で本を選びましょうかね?

積読減るかな~!?

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


今年後半の目標

もう6月も半ばですね。
早いもんです。

今年のGoodReadsでの目標は70冊読む事だったのですが、今の調子なら軽く達成できそうなので、ちょっと目標に目標を付け加えたいと思います。

本棚を眺めていると未読のBig Bookが何冊かあります。(ページ数はアマゾンJapanを参照しました)
これを読もう!と思います。

ちなみに500ページ越えの持っている未読本は以下の通りです。

本日届いた「Anna Karenina」By Leo Tolstoy

オリジナルは英語ではありませんので、日本語で読んでもいいんじゃないかと思いますが、何だか装丁が綺麗だったもので英語バージョンを買ってしまいました。
この本、864ページです。

続いて映画は鑑賞済みですが、「Gone With the Wind」By Margarett Mitchelle

これが1187ページもあります。ひゃ〜。

そして、「Of Human Bondage」

もっているのは残念ながらこのバージョンの本ではありませんが、この本が704ページです。

「The Bone Clocks」By David Mitchell

これまた持っているのはこのバージョンではありませんが、この本が608ページです。

「The Way of Kings」By Brandon Snaderson 1258ページ
「The Name of the Wind」By Patrick Rothfuss 736ページ
「Game of Thrones」By George R.R. Martin. 835ページ

この中から1冊。う〜、これはどれを読んだらいいのかしら?みなさんのお薦めはどれですか?


「Doctor Sleep」 By Stephen King

これが丁度500ページ。

こんな大作を交えつつ、70冊突破を目指して読書な日々をEnjoyしたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



6月に読む予定の本

今月も目標は8冊ですが、その内訳は以下の通りで行きます。(目安です)

Fiction or Women’s Fiction 3冊
YA本 3冊
クラシック(モダンクラシック)1冊~2冊


Fiction or Women’s Fictionは以下の3冊
Jane Steele
Mr. Rochester
The Finishing School


YA本は、
A Court of Wings and Ruinsを読み終える

Windfall by Jennifer E. Smith

6月のUpperCase Boxの本
5月のMy Book Boxの本



クラシック本は、今読んでいるMr. Dallowayを読み終えるのが先決ですが、何かもう一冊読みたいですねぇ。


「The Year of Magical Thinking」 by Joan Didionをここに入れようかな。2005年に発売されたMemoirですが、その年のNational Book Award for Nonfictionを受賞し、National book Critics Circle AwardやPulitzer Prizeのファイナリストでもあるので、クラシックの分類に入れてもいいんじゃないかと思っています。
日ごろはあまりノンフィクション物には惹かれないのですが、このJoan Didionにはなぜか強くひかれました。彼女の若い頃の写真に惚れたのか(作者の見た目!?)、そのシノプシスに惚れたのかはよく分かりませんが、最初のチャプターを読んでみて、読まずにはいられなくなりました。
詳しくはまた全部読んでしまってから感想を書きたいと思います。



Happy Reading, Everyone! 






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR