【読了】Geekerella


By Ashley Poston

去年のクリスマスプレゼントでハードカバーをもらっておりました。
いつ読もうか?と思っていたのですが、AudibleのRomance Packageの中に入っていたので、早速聴き読みすることにしました。

私、若い頃、シンデレラの絵本を集めておりました。
今となっては何でだったのかが分からないですが、勧善懲悪な感じが好きだったんでしょうね〜。

そして、この本は、そのシンデレラのRetellingなのです。
オタク文化をうまく取り入れて、現代に馴染んだ話に仕上がっていました。
これが良かった!
そして、シンデレラの夢物語的な雰囲気も残したままで、ほんわかロマンスに好感が持てました。

ちょっと、映像でこれ観たいな〜。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】Because You Loved to Hate Me



13人の結構有名なYA作家が、13組のこれまた結構有名なBookTuber達とタッグを組んでそれぞれに短いVillan(悪役)のお話を書いたものを集めたのがこの本。YA作家・作品がいっぱいありすぎて誰の本を読んだらいいのか分からない。という人に、「それぞれの作家がどんなテイストの話を書くのか、どんな文章を書くのかに触れる良いチャンスをくれる本」の位置付けで良いと思います。なぜなら、どの話ももうちょっと書き込んでくれたら面白いのにな〜という仕上がりになっているからです。

参考までに超簡単に13作をご紹介。


The Blood of Imuriv by Renee Ahdieh, prompt by Christine Riccio
「The Wrath and the Dawn」2部作の作者

え?なんだこの話?というちょっと後味の悪い終わり方をました。もしかするとこの作者の作風暗い感じなのかな?と推測。

Jack by Ameriie, prompt by Tina Burke
このAmeriieという人は歌手なのかな?シンガソングライター?女優さん?ま、何にせよ、この話しは全く頭に入って来ませんでした。何でだろうなぁ?

Gwen and Art and Lance by Soman Chainani, prompt by Samantha Lane
「The School of Good and Evil」シリーズの作者

ショートメールのやり取りなので、英語は簡単。でも、好みではありません。が、The School of Good and EvilのシリーズはMiddle Gradeむけで結構人気があるみたいなので別の形式なら読んでみたいけど。

Shirley and Jim by Susan Dennard, prompt by Sasha Alsberg
「The Witchlands」シリーズの作者(Truthwitch)

これは非常に読みやすかったです。作品がはお手紙形式。シャーロックホームズの悪役モリアーティをベースにした話もでした。実はこの作者のTruthwitchは持っているので読んで見なくちゃいけません。

The Blessing of Little Wants by Sarah Enni, prompt by Sophia Lee
この作者さんの事は全く知りません。読んだ話も覚えていません。あれ?読んだばっかりだったのになぁ。何の話だっけ?

The Sea Witch by Marissa Meyer, prompt by Zoe Herdt
大好きな「The Lunar Chronicles」シリーズの作者です。

人魚が人間に恋をしたがために起こった悲劇。やっぱりMarissaは上手いわ。読みやすいし、キャラクターに感情移入しやすかった。

Beautiful Venom by Cindy Pon, prompt by Benjamin Alderson
Kingdom of Xiaシリーズ、Wantシリーズの作者

メデューサの話。この話も分かりやすかった。本編よりも、ブックチューバーのBenの考察が良かったかも知れないけど。

Death Knell by Victoria Schwab, prompt by Jesse George

死神をVillanに入れるのってなんか変だなと思うのは私だけ?
最近BookTuber達が騒いでいるVictoria Schwabの作品だけど、特出することなく、まぁまぁでした。

Marigold by Samantha Shannon, prompt by Regan Perusse
「The Bone Season」シリーズの作者

これも全く覚えてないなぁ。プリンセスとか出てきた気がするんだけど。

You, You, It’s All About You by Adam Silvera, prompt by Catriona Feeney

ドラッグディーラーの話。(mind-bending するドラッグ)Kindleで、この作者の本も持っているので、読んで見なくちゃダメですね。

Julian Breaks Every Rule by Andrew Smith, prompt by Raeleen Lemay
サイコパスの視線からの話。結構面白かった。

Indigo and Shade by April Genevieve Tucholke, prompt by Whitney Atkinson
「Wink Poppy Midnight」の作者

美女と野獣の野獣の話なんだけど、随分違った。

Sera by Nicola Yoon, prompt by Steph Sinclair and Kat Kennedy

これ、あのNicola Yoonなの?と思った作品。なんか主役の子(Villan)が可哀想だし、この先どんな人生を送るんだろうな?と思った。


さて、参考にもならない感想を綴って参りましたが、気になる作者と作品はありましたか?



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】180 Seconds


By Jessica Park

人を泣かせる系の本はあまり得意ではありません。
(私がNicolas Sparksを受け入れられないのはこれが原因。特に彼の場合は泣かせようとして書いているあざとい感じが嫌。英語は読みやすいだけに残念)

この本、最初は軽いYAロマンス系だと侮っておりましたら、後半泣かせる系に変わりまして、こりゃあかんと思いました。
しかし、この作家自体は好きなのです。
以前に読んだ「Flat-Out Love」からはポジティブバイブを受け取ったのですが、この本は主人公が結構Negativeなのが嫌だった~。そりゃ、子供の頃からFoster Careを転々としていた訳だし、内向的になったりネガティブちゃんになるのも分かるけど、こんなに良くしてくれている彼Pにこの態度はないわ~。素敵なサイモンさんに説教されてころっと意見変わるのもどうかと思うし。

ここに出てくる男性2人はとっても素敵な人達です。
こんな人達はいったいどこにいるんだろうね〜!?



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】WarCross


By Marie Lu
9月のUpperCase Boxで届いた本でした。
Marie Luの本は別のシリーズ3部作を持っているのですが、未読です。
WarCrossを読み終わった今、何で読んでないんだろう?というぐらいハマりました。
ゲーマーの人じゃないとこの本にはハマらないかな?と思っていたのですが、私全くゲームをしませんがハマりました。
信念を持った強い女の子が主役だというのが良いのです。
決して良い子ちゃんではない辺りが最高でした!
そして舞台は東京。主人公のEmikaを雇うのがタナカヒデオという事で、親近感も湧くのでした。
この本、何とシリーズの1巻でした。知らんかった!Stand Alone の作品だと思っておりました。
という事で、この先が気になる終わり方をしているのです。
いつ発売されるのかも分からない状態。ええええ!?待ちきれないわ~。
しかし、ここに描かれている未来の世界。
あながちあり得ない事ではないような気もします。
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】There's Someone inside Your House


By Stephanie Perkins

10月末に読んだ本のレビューをアップするのを忘れておりましたので、今からアップしますね〜。

この間読んだ本に、「A Stranger in the House」by Shari Lapenaという本がありまして、タイトルのシチュエーション似てない!?と思ったので手に取りました。
だって、誰かが家の中にいるんでしょ?一緒じゃん?
片方は、ミステリースリラーで今回のはYAホラー(スリラーかな?)なのかな?

え~っと、正直な感想は、なんじゃこりゃ?でした。
誰かが家の中に潜んでたらそりゃ怖いじゃん!なんだけど、なんか思ってたのと違うのね。
もっとスプラッターチックというかなんというか...そこにYA独特の恋愛物が混ざってくるのがうざかったです。(YAコンテンポラリーが好きな人にはOKかも?!)
大体、主人公のMakaniがハワイで犯した間違いというのにも納得がいかない。イニシエーションだかなんだかしらないけどやりすぎやし、とがめられるべきはMakaniじゃなくて先輩達だろう。
母親も母親らしくないし、なんやねん!なのでした。
だいたい、この話にこのくだりはいらない印象でした。

この作者は「Anna and the French Kiss」という結構YAコンテンポラリーではヒットしたシリーズを書いた人なのですが、ホラーには向いていないんじゃないかな~?というのが感想です。
家の中に誰かがいるって思わせる部分は怖くて良かったんだけどねぇ。

それでもDNFせずに、どうなるねん?と気になって一気に読んでるから、そこそこ面白かったんだろうね。
という事で、星は3つ。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR