洋書好きの皆さんに質問です


次に読む本で悩んでおります。
夜寝る前には必ず本を読んで寝ていますが、こちらの本は決まっていて、今順調にページを進めております。
車の中なんかで聞くのでAudibleと平行して読む1冊にめぐり合いたいものですが、心が決まりません。

どんな本が読みたいかと言うと、超能力的要素の強い感じの本で、できればディストピア系ではないもの。YAであろうが、大人向けであろうがかまわないのです。Superpowerをもつ主人公の話はディストピア系が多くてこれといった1冊にめぐり合えません。

希望としては、ドラマで言えば、スーパーマンの若い頃を描いた「Smallville」とかSuperpowerの持ち主同士が闘う「Heroes」みたいな現代物がいいのですが。

吸血鬼系と幽霊系は今は避けたい気分なのです。

さて、これだけの条件から洋書をよく読まれる方々に質問です。
私が次に読む本、何かお勧めはありませんか?





人気ブログランキングへ

Tricky Twenty-Two


by Janet Evanovich

このシリーズは私にとっては「笑い」が確実なので、シリーズをずっと追いかけています。

本当にパターンは毎回同じだし、先は読めるし、つまらない人にはもうすでに受け入れられない本になっていると思うんだけど、私はこのどたばた感が好きなのと、キャラクターに思い入れがあるのとで、シリーズを読み続けているのです。

最近、本の当たりがあまりよくなくて、すっきりしたかったのでこのシリーズの最新刊をチョイス。
今回も笑わせてもらいました。

特に今回はStephanieのお母さん。いいぞ、おかあちゃんGO!GO!でした。



人気ブログランキングへ

Haunted Hijinks (An Agnes Barton Paranormal Mystery Book 1)


By Madison Johns

最近、本の当りに恵まれていないので、何か笑えそうなのを…と思ってこの本を選んでみた。
シリーズ1と書いてあったのでこれを読んだのだけれども、絶対これ、このシリーズの前に何かストーリーがあるような…そんな印象。

2人のおばあちゃんがミステリーを解いていく話なんだけど、Agnesの方が事故にあってからゴーストが見えるようになっているので、ゴーストとともコミュニケーションをとってミステリー解決!というプロット。

面白いんだけど、続きを読もうと思うほどではなかったかなぁ。


人気ブログランキングへ

New Orleans Mourning『ニューオリンズの葬送』


by Julie Smith

1991年のエドガー賞受賞という事と、ニューオリンズに行ってみたいという希望からこの本を選びました。
しかし、なかなか話に入り込めず、何度途中で読むのを止めようかと思ったことか…

最後の方でやっと犯人は誰だ?と興味を持って読んだものの、別に何も心には響かず…
という事でシリーズの続きは読みません。

ジャズで有名なニューオリンズ。この本を読む限り、そうだったっけ?という感じです。



人気ブログランキングへ
Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR