【読了】A Study in Charlotte


By Brittany Cavallaro

シャーロックホームズのRetelling YA本。
イギリスのテレビドラマのSherlockが大好きだし、ミステリー大好きだし。
特に導入部分が興奮しました。
シャーロックはシャーロットという女の子だし、ワトソン君の語りだし!!
途中でモリアーティも出てくるし、、こりゃオリジナルをなぞってていいわ〜。
と思うと共に、オリジナルを読みたくなりました。
むか〜し読んだんだけど、もう忘れてるし。

一つだけ、ちょっと?と思ったのは、このシャーロットちゃん16歳なのに、コナンドイルのシャーロックと同じようにドラッグ依存な部分を持ってて、引きました。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

誕生日にもらった本(Birthday Book Haul!)

って誕生日はまだなのですが…

いつもバゴーン(夫のニックネームです)が誕生日もクリスマスもな〜んにもプレゼントをくれません。
この間のクリスマスには本屋で欲しい本をアピールして見ましたが、やっぱり貰えませんでした。
私はそれなりに考えて、バゴーンが喜びそうな物をあげています。
なんか不公平だ!

という事で今年はバゴーンに、「今月私、誕生日だけど、バゴーンからの誕生日プレゼントとして好きな本買って良い?」と聞いて見ましたところに、「いいよ〜」という返事でしたので、早速USアマゾンに注文入れました。

そしたらなんと、もう届いてしまいました。(誕生日まだなんだけど、ま、いいか)

自分のおこずかいでは買う勇気の出なかったシリーズ本!買いました。それもシリーズ本は2種類!!!きゃ〜
まずはこれ

The Mortal Instrumentsのシリーズ全6巻です。
セットで$49.99でした。
ずっと気になってたんです。
背表紙に絵があって本棚に飾ってもかっこよさそうだし。(そんな理由?!)

そして、シリーズ物をもう一つ

Raven Cycleシリーズ全4巻をハードカバーで!!
1作目で比べてみると、ペーパーバックが$9.93、ハードカバーが$11.16だったので、このぐらいの違いなら字の大きいハードカバーバックを選択!(と自分のおこずかいじゃないので太っ腹になりました)
4冊で$45.18となりました。

予算も決めずに欲しい物をカートに入れていたのだけれども、ま、$100ぐらい買ってもらってもいいよね〜(もう何年もプレゼントなんてもらってないもんね〜)と、ここまで$95.17のところに更に1冊足しました。
それが、

Caravalです。(シリーズ本ちゃうやんか!!)
だって、欲しくなっちゃったんだもの…

これで合計$106.46になりました。
YA本、大人買い!!$100越え!!

いいよね。別に。
高級ブランドのカバンとか靴とか買えって言ってる訳じゃないし。

あ〜、嬉しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
2017022120123855e.jpg
どれから読もうかな〜!?



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】By Your Side


By Katie West

Subscription BoxのUppercase Boxから送られてきた本です。
昨日20%ぐらい読んで、今日、一気に全部読みました(今日は祭日でお休みでした)。
英語が平易なので洋書初心者にもとっつきやすい本だと思いました。

この本、Uppercase Boxのために特別にハードカバーを作ったようなので一般には出回っていないようです。
ペーパーバック及びKindleなら普通に出回っています。
そして今回もサイン本!
20170220173255019.jpg
このようにサイン専用のようなページがありました!!すごい。

さて、ストーリーですが、週末(しかも3連休)にAutumnという主人公が図書館に閉じ込めらちゃうのですが、良からぬ噂のあるDaxという男の子も一緒にという設定ではじまります!!
読む前はなぜか好きな男の子と閉じ込められたと思っていたのだけど、全然違う子と閉じ込められちゃってました。

正直言って、YAのほんわかした本だと舐めてかかって読みました。
だって、表紙がそう言っているじゃないですか!

そうしたら、AutumnはAnxiety Disorderを抱えていて、それを友達に打ち明けられずにいて、友達のあり方にもちょっと触れられていたりして、Daxにも暗い影が付きまとっているし。
ただのほんわかロマンス本という訳ではありませんでした。
ま、基本YAロマンス本なんですけど。

ちょっと不満だったのは、図書館に閉じ込められているのに、全然本読まないじゃん!という事でした。
Daxが読んでいる描写は出てくるんだけど、Autumnは読まない!!
何て無駄な時間なんだ!!図書館に閉じ込められたら本読まなきゃだめでしょ!!!

図書館のモデルになったのがUtahのProvo Libraryだそうです。
めちゃ大きな図書館です。ますます、こんなところに閉じ込められたんなら本読めよ〜〜と思う訳です。

しかし、この人の本、スラスラ読めます。
他の本もちょっと読んでみたくなりました。
別の作者のYAロマンス本も読んでみようかな?という気にもなりました。

Uppercase Boxが送ってくれなかったら手にも取っていなかったと思うから、これを送ってもらってよかったかも♪


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】The Sun is Also a Star


By Nicola Yoon

いい本読んだ!
ロマンス本は苦手な私も楽しめた。
若い2人が微笑ましいわ〜、これ。

しかし、ジャマイカからの違法移民であることがバレて、アメリカを追われる最後の日に、韓国からの移民の親を持つ男の子と知り合って恋に落ちる確率って低いんじゃないかな〜?実際問題。とは思いましたが、そこはお話、楽しめました。
この本は、ただの恋愛ものではありません。
親は移民だけど、アメリカ生まれの子供が抱える苦労だったり、ダメ親を持つ子供の苦悩だったり、白人が少数民族に対して持つ偏見だけではなく、少数民族間での差別だったり、本当にたくさんの事が盛り込まれていました。

私の中では、今日の終わりに自殺をしようと決めていた警備員の話が一番私の心を温めました。

結末もうまくまとまってたけど、何でなの??どういう状況でこうなったの???
とちょっと作者に問いただしたくなりましたの。そんな事を気にするのは私だけかもしれませんが。

基本は主役の2人のそれぞれの語り(チャプター短め)なのですが、途中途中に入る、第3者のお話も面白かったです。

YAだけど、これは大人が読んでもいい作品なのです!!お薦めです。

作者にお願い、早く、また新しい本書いてね。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Uppercase Box 02/2017

2月15日にUppercase Boxからメールで、今月のUppercaseを送りました!という連絡がありました。
なので、届くのは来週の半ばぐらいかな?と思っていたら、なんと、本日土曜日に届きました。
よくよく消印を見てみたら9日に送られていたようです。
早く届いたのでびっくりでした。

今月は、Epic Read(HarperCollins)がスポンサーになっていると聞いていたので、どの本がくるかな〜と想像するのも楽しかった♪♪
一番興味のあった「American Street」は来なかったので、この本は別途購入しなきゃかしら?

さて、今回送られて来たものは…
Unboxing~~!だだ〜ん。
201702181406265e8.jpg

本は「By Your Side」By Katie Westでした。(サイン本です!)
図書館に好きな男の子と閉じ込められちゃった!という設定のお話です。
実はこの本、Epic Readsからチャプター5までメールでもらっておりました。
読んだのは冒頭の5行ぐらいだけど、それなりにおもしろそうです。
今読んでいる本が終わったらすぐに読み始めます。

同封されていたのは、以下の通り。
- Valentine Card from EpicReads
小さいカードでした。(写真では緑色の四角い紙を参照)
- I love YA Laptop Sticker From EpicReads
ラップトップは持ってないので貼るところがないんだけど、どこか探してはります。
- Pride & Peppermint Tea from NovelTeaTins
これはちょっと嬉しい!Jane Austineファン向けのティーです。
- Sherlock Holmes 221B Key Necklace
これも嬉しい!チェーンはちゃっちいけど、ホームズ大好きなのでチャームは絶対何かに使います!!
- Bookmark(コード入り)

しかし、本ですが、好きな男の子と図書館に閉じ込められちゃう設定ですが、私なら男の子無視して、本を片っ端から読むんだろうな〜と色気のない事を考えております。

Subscription Box、受け取った時の興奮がすごいです。
日本でも本当にこういうのやるといいのになぁ。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】Red Queen


By Victoria Aveyard

非常に人気のあるこのYAファンタジー本。
どんなもんか読んでみようと思って、読んでみました。
が、特に主人公が好きになれず…
何なのこの子?なんでこの子に特殊能力が備わっちゃったの??と不満いっぱいでした。

この間読んだ「FrostBlood」がこの本に似ているとか言われていたんだけど、ま、その意味も分からなくもありませんが、私的には「FrostBlood」の方が好きでした。

Red Queenは次を読まないと!!という終わり方をしていますが、特にすぐに次を読む意欲もないので、よっぽど他に読む本がない場合のみにしか読まないと思います。

残念だな〜。
人気あるのになぁ。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】さよならの代わりに


By 貫井徳郎

日本の本を送ってくれるSubscription Boxはないものかと嘆いていたら、ツイ読友のNonoさんが、毎月2冊の本を送ってくれると申し出てくれました!代わりに私も洋書を2冊Nonoさんに送る訳ですが…

そんなNono Boxの第一弾!まず読んだのがこちらの本になります。

貫井徳郎の本は随分前に読んだ事がありますが、今回のこの本、全くその時と印象が違います。
前に読んだのは「慟哭」だったと記憶しておりますが、印象がもっと重かったんですが、この本はどちらかと言えば軽めでした。
路線変えたのかしら?貫井さん。

SF青春小説ですかね?この本を分類するとなると?
なので、軽い感じで読むと面白いですが、本格推理を想定すると物足りないと思います。
私もは軽い感じも好きなのでこの本もいけました!

登場人物がほとんど小劇団の人達で、とにかく、見た目の良い人達が出てくるので、映像でみたら華やかだろうな〜。
劇団員ではないけれど、智美(さとみ)さんという人が出てきて、超美人な設定でした。
漢字は違うけれども、同じ名前なので変な気分。
この人、もっと事件に絡んでくるのかと思っていたんですが、クールなメンター的存在で終わってしまいました。

少しずつ過去にタイムスリップする設定でちょっと悩む部分もありました。
歴史は変えられないというお約束があるのでミステリに仕立てるのは難しかったんでしょうね?終わり方が切なかった…

しかし、日本語だと、500ページあっても2日で読めるのね。(その2日間、別の本も読んでいたのにです!)
もう1冊はもう少し、ゆっくりじっくり読むぞ!と心に誓ったのでした。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】The Nix


By Nathan Hill

2016年のこれ読ま大賞のこの本。読んで見ました。
なんだこの本!!!
こんな本読んだ事ありませんでした。な〜に〜?!これ。
でも、一言で言うと面白いんです。
そして、WORDYです。(言葉数が多い!!)

ハードカバーを買ったので、重かった…
寝っ転がって読むのが困難でありました。

そして気がつけばいつもはしないタブ付をしてました。
20170211172118feb.jpg
ポストイットが統一されていないのが思いつきを物語っております。
(余談ですが何で洋書の端っこはこんなに揃ってないの〜!?ハードカバー高いのに!!日本語の本ではこういうのないよね〜)

しかし、このタブ付け、どんなところに付けたのか後から見てみると
1)アホ女学生の「Argumentum Verbosium」(ピリオドなしで自己憐憫を語り続けるシーン)
2)泣き方のレベル付けのページ (息子がドラえもんの映画を見て泣いているのはどのレベルだ??)
3)"The things you love the most will one day hurt you the worst"
4) "Well, rats' eggs on you!" (なんでこれに印つけてるか今となっては分からない)
5) "Any problem you face in a video game or in life is one of four things: an enemy, obstacle, puzzle, or trap."
6) "Love is like this. We love people because they love us. It's narcissistic."
7) "The things you love the most will one day hurt you the worst" (2回目)
8) "don't feel bad ur gr8!" (greatの略し方に印)
9) Page 482 - 492: オタクの独白
10) アホ女学生が大学の先行をPolitical science and actingにしたところ

何故ここに???という感じ。
タグ付けのルールが分かりません。

次からはルールを自分で決めてポストイット貼っていきたいと思います。

この本を読み終わってからすぐにYoutubeでNathan Hill on the Nix: A Novel 2016 Miami Book Fairを見ました。

この本ができるまでにかなり時間がかかってるんですね〜。
そりゃ、こんなEPICな物語ができるわけです。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】The Night Bird


By Brian Freeman

USアマゾンのプライムメンバーだと、Kindle Firstという特典があって、発売日がまだの5~6冊ぐらいのセレクションの中から1冊無料でダウンロードできます。
この本はその特典を利用してダウンロードしました。

ミステリー、スリラー、サスペンス系だったのですが、これがなかなか面白かったです。

催眠なんだかなんだかの方法で恐怖の根本となる記憶を消し去って恐怖症を治療する精神科の先生の周りで、変死を遂げる患者。
ちょっと待って~、そんなに簡単に記憶って操れるもんなの~!?
と思いつつも、結構先が気になりました。

変死を遂げる人達は、キャロルキングのナイチンゲールを聞くと豹変するんだけど、そんな事本当にあるの~!?
と、催眠術に猜疑的な私は最後まで、そんな事あれへんやろ~と言いつつ、そんな事ができるならばの仮定のもと読み進めました。

そしたら、そこそこ怖かった。

Detectiveの名前がFrostっていうんだけど、そんなDetectiveどっかにいたな。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

息子の英語にAudible?

10歳の息子がグアム在住なのに英語に苦手意識を持っています。
日本人学校に入るまでは英語しか話さなかったのに、今は英語が苦手だという。
う〜ん。もったいない。
お友達と話している時には英語も混ざったりしているけれども、日本語ほどの語彙がないので思ったように話せないようで英語で話していても肝心な単語が日本語になったりしている。

妖怪ウォッチファンだから英語バージョンの漫画の1巻をかってみたりしたけれど、全く読むそぶりもない。あ〜あ。

さて、私、いつもは息子が車に乗っている時にはAudibleは我慢して聞かないようにしております。サスペンス聴いてたりしたら、特に読み方で怖がる可能性ありなので息子には聞かせていません。
しかし、今日、Audibleで聴いている本の続きがどうしても気になったので息子に聞いて良いかどうか確認してちょっと聞いてみました。

まいった。1分ごとぐらいに、なにがあったの?どうなったの?と聞かれる…

ん?これは息子の英語の単語を増やすのに使えまいか?
子供用の面白そうなお話をダウンロードして車の中で聞いて、分からないところは教えてやれば良いんじゃないだろうか?
小さい頃にも試そうとした事はあるんだけど、その時はもう全く聞いてくれなかったもので、あきらめておりました。

やってみます。
とりあえず、ダウンロードしてみました。
The One and Only Ivan by Katherine Applegate

対象年齢8~12歳だそうですが、息子にも理解できるといいなぁ。

実はこの本、本屋さんでみて気になっていたので、上手くいけば、私も聞けて(読めて)ラッキーです。
興味を持ってくれるといけど。
最初の方を聞いてみて気に入ってくれたら紙媒体の本も買っちゃうよ!!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR