Lord of the Fliesという本

最近クラシック&文学が読みたい気分になっております。
その昔は私もそこそこの文学少女だったので、日本の文豪の本も翻訳物もかなり読んだ記憶がありますが、今となっては何を読んだのか、どう思ったのか。うっすらとしか覚えていません。
あの頃から、読んだものの記録をつけておけば良かったかもなぁ。

さて、クラシック本、何を読もうかとBookTuberのお勧めをチェックしておりました。
出てきました、出てきました。読みたい本、再読したい本。

そして思い出しました。
まだ、サイパンに住んでいた頃に、家庭教師のバイトをしていたことがあります。
生徒は中学生。日本語と韓国語と英語の3つの言葉が混ざって母国語がなくなってしまっている状態の女の子でした。
学校は英語でしたが、おとなしい性格も災って授業についていけず、落ちこぼれてしまっていました。

そんな彼女が非常に苦労していたのが、「Lord of the Flies」(William Golding著)という本を読む宿題でした。中学生の必読書なのですね、これ。

一緒に読んで、私がチャプター毎に要約してあげて、辛うじてついていっているような状態でした。

この本、かなりショッキングなんですよ。
イギリス人の子供達が無人島でサバイバル!なんですけど、例えば「十五少年漂流記」等とは正反対の悲劇的展開なんです。
途中で信じられない事件が起きるので、「うそでしょ?」と何回も同じところを読み返した記憶もあります。
かなり真剣に読んだので今でもその衝撃を覚えています。
中学生の彼女もショックで何度も本当にそんな事が書いてあるのか?と聞かれました。
そう。それぐらい中学生の必読書というには衝撃的なのです。

現地校の中学生の必読書です。
ぜひ日本在住の方々にもチャレンジして読んでもらいたい本ですが、初心者には単語がやや難しめかもしれません。
辞書を片手に読む価値はあります。

しかし、私は気分が落ち込むので、私が久しぶりに読むクラシックはもう少し軽い物にしようと思いますけど。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Yureka Boxが届いた!

ずっと届かないので2ヶ月分を支払ってSubscriptionをやめてしまったYureka Boxが本日届きました。
届くと嬉しくて、やめてしまった事が申し訳なくなってしまいました…

が、嘆いていてもしかたがないので、紹介します〜!
Yureka Boxは、前もってアンケートに答えておいて、今月のセレクションの中からいらない本と欲しい本を選んでおくと、私のために厳選された2冊の本が送られて来るというサービスです。

私はこの月はミステリーとYAを選んでいたようです。

さて、送られて来た本を紹介します。
201703211712148ea.jpg
あれ?2冊送られて来るはずなのに3冊入ってるよ!!!
あれ?あれ?

と、一緒に入っていたお手紙を読んでみると、1冊は私へのお誕生日プレゼントだったらしいです!!
何て素敵なサプライズ。

では1冊ずつ…

- A Thriller about memory loss
として入っていた本が、All is Not Forgotten by Wendy Walkerでした。
ペーパーバックですが、サイズは大きめ。

この写真は日本ののアマゾンのサイトから持って来ましたが、USアマゾンでは$9.90の値段がついております。
2016年7月初版だったようなので比較的新しい本ですね。
サスペンスとファミリードラマ!これは私の好きなジャンルです。
面白そう!

- YA Contemporary Thriller
は、ハードカバーです。
The Conspiracy of US by Maggie Hallという本です。
この表紙はどこかで見た事があります。

USアマゾンでは$11.24で売られております。
2015年1月の本だったらしいので比較的これも新しいですね。
ドレスを着た女の子が表紙の本ってのは自分では選ばない本なのでどんなもんなのか興味津々です。

この2冊だけも、元は取った感じですが、今月はお誕生日プレゼントも入っていたのでお得度満載です。
そのお誕生日本はこれ。
Prophecy by Ellen Oh

USアマゾンでは$4.03と格安になっておりました。
One girl will save us all.
と表紙に書いてあるのが気になります。
女の子が強い設定大好き。しかしこれはシリーズ。面白かったら続きを読みたくなっちゃうじゃないか!?
ティーン向けの本だからさっと読めそうなので、頭が疲れた時に読む事にします。


Yureka BoxはOverseas Military/Diplomatic Mailで送られて来ました。
恐らくアメリカはメインランド内であればもっと早く手元に届く物だと思われます。
グアムは本土からは遠いのよね〜。全く嫌になります。
もと早く届くならこのサービス大好きなのになぁ。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】みかづき


by森絵都

2月の「ののBOX」の1冊。
*ツイ友の、ののさんに洋書を2冊送る代わりに、2冊目の日本の本を送ってもらっています。

感想を一言で言うと、「ええ本読んだ〜」でした。
朝の連続ドラマでも見ているかのようでした!

昭和36年から現代までのお話しで、教育、学習塾がテーマだけれども壮大な家族の物語でもあって。
数カ所、うるっともきました。

私ですら塾へ通った事があるぐらいだから、塾というのは身近なものなのだけれども、こんなに学校教育とは相反していたのか!と驚きました。
正直考えた事もなかった。
うちも母子家庭だったので大手の塾には行ける余裕はなかった中、おかあちゃんはそれでもよく私を塾に行かせてくれたなぁ。と今更感謝。(あんまり長く行ってた記憶はないんだけど)
塾に行っても騒いだり、友達とお話したりと、社交の場でしかなかった記憶があるなぁ。
先生は温厚な先生で、子供を叱るのも下手な先生だったと思い出し、今もまだ塾をやっていらっしゃるのか、引退されているのか、子供があとを継いでいらっしゃるのか?そんな事にまで思いを馳せました。

強い女達と温厚な男達。
そんな関係が面白かったです。

ののさん!ありがとう〜。次も期待してるよ!



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

UpperCase Box 03/2017

3月のUpperCase Boxが本日届きました。

今回の中身ですが、何と、昨日すでにUnboxして写真をSNSに出しちゃった人がいて、見たくもないのに目に入ってしまいました。
なので、今日は前回のような期待でドキドキという感じではありませんでした。
本は2月に何が来るかな〜!?と考えていた時に候補に入れていた1冊でした。
(1ヶ月早かった)

この本もEpic Readsからチャプター5までをメールでもらっていた本です。

ではUnboxingです。
20170320175740cd8.jpg
写真でかっ!

本は「Hunted」By Meagan Spoonerでした。(今回もサイン本)
Beauty and the Beaseのretellingらしいです。

一緒に入っていた物は以下の通り。
- Hunted Bookmark(写真には写っておりません)
- Jane Austen Socks by Sock Smith
Jane Austenは好きだけど、これをいつ履けと言うのでしょう?グアムだと履く機会がなさそうなんだけど。
- Gold Foil Book Stack Art Print by Bella Adele Co
本の絵のポストカードサイズのアートです。
- Book Hoarder Sticker by Alexis Lamley of Nerdy.Post
積読家の私にはもってこいのステッカーです。本棚にでも貼っておきます。


以上でした。

3ヶ月このSubscription boxを受け取ってきて思うことは、私は別に本以外の物は要らないかな〜?
と言うことです。
スカーフやソックスもらってもね…。どうして良いか分かりません。
前回のハーブティーは嬉しかったけど、それはそれで買えば良いわけだし。

ということで、次回からは物なしでオーダーする事にしました。
本だけでいいわ。

そして、Yureka Boxが今だに届かないので、このサービスはキャンセルしました。
2ヶ月分がいつか忘れた頃に届くと思います。

別のサービスを申し込みました。
My Book BoxというSubscription boxです。
毎月2冊の本が送られてきますが、違うジャンルの本を1冊ずつ選べるのが魅力です。
Women's FictionとYAを選んでみました。
どんな本が来るか楽しみですが、また来るの遅いかな??
このサービスに決めたのは、先月このサービスが送ったYAの本が一番私が読みたいと思っていた本(American Street)だったからです。

また届いたらUNBOXしますね!



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

3月のKindle&Audible Haul (2017)

KindleはともかくもAudibleはダウンロードに少々時間がかかるので、何冊かダウンロードした状態になっていないと落ち着かないのですが、3月は12日から7冊をダウンロードしました
これで安心!
前回のエントリーに書いたように、基本、Kindleはナレーション付きで$10以下の物を買うようにしています。

では早速Haulします!
(本の表紙は日本のアマゾンからリンクを持ってきています。日本では安くなっていないかも知れませんのであしからず)

1冊目:Sisters One, Two Three by Nancy Star
Kindle - $4.99
(ナレーション)Audible - $1.99


2冊目:Carve the Mark by Veronica Roth
Kindle - $4.99
Audible - $3.95

何故かまだ新刊なのに1日だけセールになってました。
今はアメリカのアマゾンでも値段は元に戻っています。

3冊目: The Secret Wife by Gill Paul
Kindle - $0.99
Audible - $8.99


4冊目:Bone Gap by Laura Ruby
Kindle - $1.99
Audible - $3.95


5冊目:Gone
Kindle - $5.49
Audible - $3.49
20170316173952546.jpg
日本のアマゾンでリンクが見つけられず、アメリカのアマゾンからカバー写真だけ持ってきたらこんなに大きくなっちゃった。

6冊目:The Survivor's Guide to Family Happiness by Maddie Dawson
Kindle - $4.99
Audible - $1.99


7冊目:Signal to Noise by
Kindle - $5.38
Audible - $1.99


これだけ違うジャンルの本を落としとけばその時の気分に合うのが一冊ぐらいはあるものです。

ところで、初歩的な質問なのですが、日本のアマゾンはKindleとAudibleの抱き合わせ販売ってやってないの?



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

本を買う事について

私の本棚は日ごろ夫のバゴーンが立ち入らない部屋にあります。
先日その部屋にバゴーンが珍しく立ち寄った時、「あれ?ここに本棚あったっけ?」と言われました。
はい。本棚はここにあったのです。
なかったのはそこをぎっしり埋めている洋書の数々です。
去年の11月辺りから思うままにおこずかいを本に充てていたら本棚が埋まってきたのです~。
自分のおこずかいで買っているので特に問題はないのですが、悪い事して見つかった子供のような心境になりました。

さて、グアム在住の私は洋書を正規料金を出して買う事はほとんどありません。
USアマゾンは少しだけでも必ず割引が入っているし、Barns & Norbleもアマゾンに対抗しているのか大体似たような価格で販売しています。
グアム地元の本屋さんでも、できるだけ20%OFFをもらえる日を狙っていくようにしているし、他の日でも10%は確実に割り引いてもらえるメンバーにもなっています。
古本で良い場合はネットでThriftBooksも利用します。
他に多用しているのは、BOOKOUTLETです。毎日新しく入荷した本をチェックしていますが、このサイトは話題になってから3か月ぐらいの本も時々出ていたりするのです。たいていの本は発売日から1年も待てばここに現れます。アウトレットなので本の底にマジックでピッと印がついていますが、読む分には待ったく気になりません。

BOOKOUTLET様様な日々ですが、この間、The Nixがでていてびっくり!
この本、私は今年の1月に買いました。
まだUSアマゾンでハードカバーが$22.76(送料込み)の時に購入して読んだのですが、その後、価格崩壊が起こっていて、現在USアマゾンでもハードカバーが$10.98です。
BOOKOUTLETでは$8.99の値段がついています。(ここに送料が加わりますが。)
今すぐ読まなくてもよいのなら価格が下がるのを待てばよいですね。

実は増えているのは紙媒体の本だけではなくて、KindleとAudibleの組み合わせも…
私が普段この組み合わせで買う条件は、合わせて$10以内です。
短い話なら1~3日で読めて(聞けて)しまうので高いのを買っていると財政を圧迫すること間違いなしなのです。
セールになっている時は狙い時です。安くて面白そうな本をどんどんダウンロードです。
安くても面白い本、結構ありますよ~。(新刊はほとんどないけど)
ここ数日で7冊もダウンロードしました。7冊の1冊平均は8ドル。それでKindle本とAudibleが手に入るんですからお得ですよね!?
(何をダウンロードしたか気になっちゃう方いらっしゃいますか?いたら次回のブログ記事にしようと思いますが…?!)



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】Six of Crows (Six for Crows, #1)


By Leigh Bardugo


この本、ツイ友のNorinちゃんとBuddyReadしました。
BuddyReadにしといて本当に良かった。していなかったら最初の何チャプターかであきらめてDNF(Did not finish)していたところです。

実はこの本は非常に評価の高い本です。GoodReadsでも星4.45のの高評価。
私もきっと非常に楽しんで、高評価をつけるに違いない!と高まる期待の中読み始めました。

いきなり壁にぶち当たりました。
まず、固有名詞が聞き慣れないので、はじめは人の相関関係が全く理解できず。
ノートに登場人物を描きだしながら読む始末。
場所の名前はさらに分からず何度もページを行ったり来たり。(Fjerdaって何って読むのさ?とか)
150ページぐらいはこの苦しい状態が続きました。

ファンタジー慣れしている人ならば、もう少しスムーズに進んだのかもしれません。
(いや、私はファンタジーも時々読む人なんだけど!?)
キャラクターは非常に魅力的です。
(だから最後まで読めたともいえます。)
時々出てくる彼らの(いや、ここは彼のか?)残忍な行動には閉口しましたが。
(だって、片目えぐって自白させるんだよ。そんな致命的で痛い方法とらんでも!!)

このDuologyの前にGrisha Trilogyというのがあって、その世界と今回のシリーズの世界が同じらしいので、先にGrisha Trilogyを読めば良かったのかなぁ?(一説には読まなくても十分楽しめるとあったのですが。)

これはDuologyなので、2作目を読みたいところですが、今作だけで疲れたので、2作目は疲れが取れてからちょっと1作目を再読してからにします。その前にGrisha Trilogyも読んでみるかなぁ??
他に読みたい本が山積みだから先の事になりそうです。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】陸王


By 池井戸潤

読後感すっきり爽やか〜。
池井戸さんの本はどの本もパターンが似ている。(一部では水戸黄門的だと言われているよう)
しかし、それが気持ち良い。
勧善懲悪万歳なのである!!

そして今回は私も興味がある分野(マラソン)&靴でより楽しく読めました。
私が履いている靴は初心者向けの底の厚い靴ですが、地下足袋みたいなランニングシューズで走りを矯正できるなら履いてみたいかもね〜。でもきっとふくらはぎが今以上に太くなるんだろうな…
閑話休題。
この本、うちの社長の息子に読ませてやりたい。
人がどれだけ大事か。取引先の信用を勝ち取るという事はどういうことなのか、読んで欲しいなぁ。

うちの会社の上司がいつも池井戸さんを買って読んでは貸してくれます。
パターンが一緒なんだよ〜と言いつつ毎回新刊が出るたびに買ってくるので、ここ数年の池井戸さんの本は全部読んでるんじゃないかしら、私?






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】The Marvelous Misadventures of Ingrid Winter


By J.S. Drangsholt

先週末は忙しくて紙媒体の本をゆっくり読んでいる暇がありませんでした。
日本人会が主催するアートアンドクラフトフェアといのに私のもう一つの趣味(まさにアートアンドクラフト)を生かして出店してきました。
これが日曜日にあったので、土曜日はディスプレイとか作っていました。
忙しかったです。イベントはそれなりに楽しかったですが、来年への課題にもいろいろと気が付く事ができたので、来年はより成功させたいと思います。

さて、そんな手が忙しい時は、Audibleです。
Audibleの蔵書を見てみると、2月にKindle First(US AmazonのPrime Member特典)で購入していた『The Marvelous Adventure of Ingrid Winter』がコンテンポラリーかチックリットっぽかったので、これを聞く事にしました。

ノルウェイのワーキングマザーが主人公。予算以上の家の購入、PTAに巻き込まれ、仕事もチャレンジいっぱい。そんなお話でした。

同じ、ワーキングマザーとして、そのストレス分かる!と思う部分もありましたが、全体的には、だから??と聞きたくなる感じでした。
元の本はノルウェイ語だと思いますが、お金の単位がいかほどなのかよく分からず(ググらないとダメかしら?)、身の丈に合わない家を買っちゃうところが浅はかだと思っちゃったし、ロシアでの出来事はなんじゃそれ?だったので、レーティングは星3つと、いつもより低めになりました。

アートアンドクラフトフェアの準備をしている間に全部聞けてしまったので、話は短め。
英語も比較的平易なところは、作業中に読む1冊としてはちょうど良かったです。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】OUT


By Natsuo Kirino

上の写真はアマゾン(日本)のリンクですが、表紙が違います。
私のはこれです。
2017031018305940c.jpg
どっちも顔です。気に入らない!

日本で1997年に発行されたこの本、文庫本で発売されてすぐに読みました。
が、初版からすでに20年です。
英訳がBookoutletに出ていました。
結末がどうしても思い出せず、読み返したくなり購入しました。ちょうど時期を同じくして、Audibleで2冊で1クレジットのプロモーションをやっていたので、それを利用してAudibleもダウンロードもしました。

翻訳者のスティーブンスナイダーがすごいのか何なのか、ぐっと惹きつけられました。
20年前に読んだ時にもすごい本だな!と思った記憶はありますが、今回もまた「OMG!! OMG!!」の連発でした。(20年も読んでいないと内容を忘れていた部分も多かったです。)

さて、桐野夏生のこの本。分類は何になるのでしょう?
ただのミステリーではありません。ミステリースリラー?ハードボイルド?犯罪小説?ホラーっぽくもあるし。
とにかく暗いし、グロいし、恐ろしいし、病的だし、時には痛いし…
でも読みだしたら止まらないし、今読んでも古さを感じません。

普通の主婦たち(中流以下の家庭)が犯罪に巻き込まれて手を染めていく様子。その背景にある家族の問題、新宿の夜の世界、日系ブラジル人の抱える問題等が鮮やかに描かれています。
一言で言うならすごい本です。(何がどう?と聞かないで~。この本は説明が難しい!)
英語の人達に、この本を読んで!とお勧めしたい気持ち半分。これを読んで日本は怖いところだと思われても困るので勧めないでいようという気持ちが半分です。


しかし、英語で読んでいると、元の日本語が何だったのか気になりますね。
「Skipper」というニックネームは元は「師匠」だったようですし。そんな細かい事にも興味がでます。
110に電話をしているところが911に変わっちゃっているのはどうかと思います。
日本好きな人が110を知らないままになっちゃうじゃないですかね?

結末には賛否両論があるようですが、私はこれで良しとする派です。
細かい事は気にしな~い。

他の日本語から英語になった本も読んでみたくなりました。
読むぞ〜!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR