息子の英語力UPのために

息子(10歳)がグアム在住なのに英語にまったく自信がないのは前に書いた通りです。
日本人学校の幼稚部さんに入るまではほとんど英語しかしゃべりませんでしたが、日本人学校に入ってからは日本語大好き少年に育っております。

息子のクラスメイトはほとんどハーフなので、英語を話せる子が多くて、友達との会話は英語と日本語が混ざる事が多いです。しかし、息子を観察していると、どうでもいいところは英語で肝心な単語は日本語という混ざり方をしています。

英語の授業もあるのだけれども、とにかく苦手意識を持っていてあまりついていけていないよう。

だからと言って、特に英語に力をいれなきゃ!と焦っているわけではないのですが、本人がかわいそうなので、ちょっと語彙力を増やすお手伝いをしようと思い至り、Audibleの子供向けの本をダウンロードしたわけです。

そして聞き始めました。
The One and Only Ivan


モールで飼われているゴリラの話なのですが、最初の数ページを聞いた感じですが、息子は全く分かっていない訳ではなさそうです。

例えば、『Big Top Mall』というモールの名前が出てきたのですが、私はこれは普通にモールの名前としてスルーしていたのに、息子は「大きなコマがどうしたって?」と聞いてくる感じです。単語を聞いて映像が頭に浮かんでいるらしい。(モールはすっ飛ばしているけれど)

Sealが1セント硬貨を100枚のんで死んじゃったっていうところでは、ちゃんとSealが1セント硬貨を100枚飲んじゃった事は理解していましたが、死んじゃったことは理解していませんでした。

このぐらいなら続けて聞かせようと思ったところで、「ところでゾウの名前はなんだった?」と聞いてみたら、元気に「Emily」との返事。
……
Sallyなんだけど。

レベルを下げる必要がありそうです。

先ほど息子とアマゾン画面から興味のありそうな話を一緒に選びました。
息子が選んだのは「Wonder」By R.J. Palacioでした。

念の為にAudibleのサンプルを聞かせてみたら、「これが聞きたい」との事。
子供がナレーターなので聞きやすいのかも知れません。

しばらくはこのWonderを車の中で聞いてみたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR