【読了】Jane Eyre


By Charlotte Bronte


月に1~2冊はクラシック本もしくはモダンクラシック本を読もうと思っております。
今月の1冊目はブロンテ姉妹の一人、シャーロットブロンテの「Jane Eyre」を選びました。
エミリーの「嵐が丘」は若いころに読んで、暗い気分になった事を記憶しておりますが、こちらは読んだと思うのだけれども、内容を覚えておりませんでした。

ロマンスの部分はさておき(ってロマンスがメインじゃないの!?と思われるでしょうか、ロマンスにはあまり興味がないので…)、何がこの本で好きだったかというと、「Jane」です。

見た目も可愛いわけではなく、子供の頃は叔母といとこにいじめられ、待遇の悪い寄宿舎に入れられたジェーンですが、その芯の強さには惚れ惚れします。

はじめに自分をいじめてきた叔母さんにはっきりと怒りを伝えるシーンでグイッと心を持っていかれました。
いや、子供にしては饒舌なんだけど、気持ちいい!
本当に彼女は筋が一本通っています。
好きな相手に奥さんがいたと分かればどれだけ好きでもスパっと身を引きます。(最近芸能界をにぎわせている不倫騒動渦中の人達にはジェーンを見習ってほしいっす!)

さて、このジェーンとMr. ロチェスターのロマンスですが、私は受け入れられないね。
ただロチェスターが20歳ぐらい年上っていうだけだったら良かったんだけど。
ロチェスターの27章の言い訳たらたらには呆れるわ~。ちゃんとそれを聞いてあげるジェーンは素晴らしい。
どれだけ愛を訴えられても、すがられても、それを振り切って「さようなら」をするジェーンは痛いほど純粋で、かっこいい。
彼女の中には強い宗教心というものがあって、それを逸脱することは許されないのだけれども、それが本の中では時にはうざいほどでした。

そして、キャラクター達が皆饒舌だ(笑)

Jane Eyreぐらい有名になっちゃうと、RetellingやSpin Offが書かれちゃうのですが、今回たまたまMy Book Boxで届いた本が、YAバージョンのRetellingだったので、これを読もうと思っています。
「Unearthly Thing」by Michelle Gagnon


そして興味のあるのが、以下の2冊。
「Jane Steele」by Lyndsay Faye


「Mr. Rochester」 by Sarah Shoemaker

私にはJane Eyreでは恋する対象にならなかった彼がどんな人がなのかを掘り下げて読んでみたいです。

6月のTBRに入れたいところですが、Mr. Rochesterはまだ高いんだよね~。どうしようかな?
Jane Eyre熱が冷めないうちの読んだ方が面白いと思うんだけど…

実は私はGoodReadsでこの本に5つ星をつけませんでした。
その理由は、最後にJaneが独立した女性になった理由が「遺産」だったからです。
そこだけが納得できす、星を一つ落とした理由です。

さて、クラシックを読む時はいつもと同じようにさら~っと読めません。
文章をかみしめて読まないと大事なところをすっ飛ばしそうな気がします。
そこで、次に読むクラシック本には「Annotation」をしてみようかな?と思っています。
Annotationは、注釈をつけることなんだけど、読書の場合はもっと広い意味で「本に書き込みをする」ぐらいの意味で使われている事が多いようです。
そう!私ももうクラシック本には書きこんじゃう!(@Norin_76ちゃんには嫌がられるかも…)
知らない単語とか、心に響く文章とか、キャラクターの分析とか、思いのままに書き込んでみたいと思います!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

最近好きな本の傾向

どうも最近この本が読みたい!と思う本に共通点があるのを発見しました。
最初はDystopiaに惹かれるなぁ~と単純に思っていたのだけれども、それだけじゃない気がしたので考えてみました。

私があらすじを読んで惹かれる本は、『日常の中の異変』が書かれたものじゃないかな?と思うのです。
この間、思わずポチったのは「The Power」by Naomi Alderman(Baileys Women’s Fiction PrizeでShortlistedされた本)でしたが、現代が舞台で、女性に男性よりも強い能力が備わったら?をテーマに書かれた内容です。弱い性であるはずの女性に指先から電力が流れて相手痛みを与えられる能力が加わったら。
この能力が異変です。



Jose Saramagoの本にはこの異変がテーマの本が沢山あります。
先月読んだ「Blindness」では、今まで通常の生活をしていたのに、突然目が見えなくなる世界(異変)の話でした。


彼の書いた他の本にもめちゃめちゃ興味をそそられていますが、それがどんなものかと言うと…
「Death with Interruptions」(イギリスではInterruptionsではなくて、Intervals)は、死神が急に仕事をやめちゃって人が死ななくなる世界(異変)の話。


「Seeing」は、選挙の投票のほとんどが白紙(異変)な話。


「The Double」は、レンタルビデオで自分とまったく見た目が同じな人を見つけて(異変)その俳優を探す話。


どれも普通の人または世界ですが、「もし」を想定して書かれた話ばかりです。
どれも読んでみたい…

そう、私はこの「もしも」話が好きなようなのです。
そこに加えて、ヒーローとか超能力とかいう言葉が加わると完全に読みたくなります。
現実世界から遠く離れているものよりも、現実世界に限りなく近くて、その中で「もしも」が起こっちゃって、その「もしも」がスーパーパワーが備わった!みたいな話だったら完璧です。

以前はミステリーばかり読んでいましたが、このジャンルは日常生活の中に起こる異変を書いた本だったのがツボだったんでしょうね。
そこに超能力が加わった宮部みゆきの初期の作品がめっちゃ好きだったのはそのせいかも!?

YAファンタジーは超能力を扱ったりしますが、現実とは世界が違いすぎます。(今から読んでいるのはだから入っていけないのかな?いや、ハンガーゲームのシリーズは世界は違うけどすっと入っていけたな?そういえば?やっぱり作家のスタイルによるのかな?)

しかし、読みたい本が全く切れません。嬉しい悲鳴です。
でもこういうのもっと読みたい!

日常生活の中で「もしも」的な異変が起こる話で、スーパーパワーが絡んでるような本があれば是非おすすめよろしくです!



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

4月のYA本(Subscription Box)

ちょっと遅くなりましたが、4月にメジャーなYAのSubscription Boxがどんな本を送ったのかご紹介。

Owlcrate (US): 購読料$29.00/月+送料
The Upside of Unrequited by Becky Albertalli

2017年4月11日発売
同作者のSimon vs. the Homo Sapiens Agendaは読んだことがあります。
かなりCuteな本だったと記憶しております。
多分、この本も面白いんじゃないかな?と思いますよ~。



LitJoy Crate (US): 購読料$29.99/月+送料
Strange the Dreamer by Laini Taylor (USバージョン)

2017年3月28日発売
これは、FairyLootが先月にイギリスバージョンを送っています。
本の装丁がどちらもキレイなのが印象的です。


FairyLoot (UK): 購読料£26.00/月+送料
Given to the Sea by Mindy McGinnis

2017年4月11日発売
Given Duetシリーズの1冊目だそうです。
キングだのクイーンだのあらすじに書いてありますのでおそらくファンタジーです。


The YA Chronicles (Australia): 購読料$29.99/月+送料
Secret Science of Magic by Melissa Keil

2017年4月1日オーストラリアで発売
まだ、アメリカやイギリスでは発売されていない、オーストラリアの作家の本です。
コンテンポラリー系かな?
日本ではKindleで購入できそうですね。


UpperCase Box (US): 購読料$23.00/月+送料
Defy the Stars by Claudia Gray

2017年4月4日発売
SFです。

My Book Box (US): 購読料$39.95/月(US内は送料無料)
(このBoxには自分で選んだジャンルから1冊ずつ計2冊が送られてきます)
YAからの1冊
Unearthly Thing by Michelle Gagnon

(ハードカバー)
2017年4月11日発売
この本は、どうやら「Jane Eyre」のRetellingらしいのですが、今ちょうど「Jane Eyre」を読んでいるので、この偶然にびっくりしました。読み終わったら、絶対にこれ読みます。


Women’s Fictionからの1冊
The Finishing School by Joana Goodman

(ペーパーバック)
2017年4月11日発売

4月はこんな感じでした。
みなさんはこの中に読んでみたい本、ありましたか?



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】A Court of Mist and Fury


By Sarah J. Maas

この本、大変人気があるのでネガティブな事を書くと怒られちゃうかも知れないけれども、私はそこまで好きじゃない

Twilightシリーズを読んだ時と同じバイブを感じております。
主人公が嫌い。主人公の思考とか行動に納得がいかない。(きっと、作者のSarahとは気が合わないと思う)
ま、それでもTwilightシリーズはシリーズ4冊全部読んだけどね。

シリーズの1冊目では、命をかけてまで『愛した』はずの相手が、シリーズ2冊目ではAbusive Bustard(お口が悪い…)に変わっちゃうのはなんなのさ!!
で、とっとと捨てて、次の男に行っちゃう主人公はなんなのさ!?
自分だけが被害者みたいな顔しちゃってさ。

Rhysandsは男前だけど、登場人物ほとんど美男美次女じゃん?

この作者の英語は読みやすいし、世界観も理解しやすいんだけど、時々、同じ単語を3回書いて強調するのが鼻についたわ〜。
"More, more, more"
とか。

こういうロマンスが好きな人はキュンキュンしちゃうのかも知れないんだけど、私は「けっ」とか「フンっ」とか思ってました。あかんわ〜。

この本、YAカテゴリーの本らしいけど、大変ホットなシーンが含まれておりますので、要注意です。
New Adultカテゴリーで良いと思います。

3冊目も買ってあるので、とりあえず早く読んじゃいたいと思います。
700ページぐらいあるから早く読むのは難しいかも知れないけどさ〜。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】Every Wild Heart


By Meg Donohue

カテゴリーをChicklitかWomen's Fictionか迷いましたが、Chicklitにしました。

この本は、3月のMy Book Boxに入っていた本です。
この本と並行して「Jane Eyer」を読んでいるからか、この本の英語が平易に感じました。
とっても読みやすかったです。

母と娘の関係を書いた本には、自分の母と自分を重ねて読む事も多いのですが、この本の母娘は自分たちとは随分違う気がしまして、全く重ねる事はなかったかなぁ。
娘が馬好きってところで、特に共感もできなかったのが原因かしらね〜!?

母娘、ロマンス、ミステリーが上手く混ざり合った本でした。
最後の方で、一番大きなミステリー以外の部分で謎解きがあって、「あ!それは謎だと思っていなかったわ!」とびっくり。

ま、読みやすかったし、そこそこ楽しめました。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

女性作家の文学賞

「The Baileys Women’s Prize」というイギリスベースの文学賞があります。
1996年に設立されたこの賞は世界中の優れた独創性のある女性作家に送られる賞です。
(スタート時は”Orange Prize for Fiction”)

イギリスの文学賞と言えば、ブッカー賞とコスタ賞が有名ですが、大きな違いは、前記の2賞はイギリス・アイルランド国籍や在住にこだわっていることに対して、このベイリーズ賞は世界中の女性作家が対象になっていることでしょうか。(ただし、作品はイギリスで前年に出版されていなければなりません)

2017年のShort List(日本語では最終候補かな?)が発表されました。
そのリストの中から読みたい本があるのですが、手に入れるのが容易ではありません!
イギリスベースだからかアメリカのアマゾンでは手に入れにくいのかなんだか。
BookDepositoryから購入すればいいのでしょうが、いかんせん高いので手が出ません。(後、届くまで時間がかかるし)

6月7日にはWinnerが発表されるので、それまでに1冊ぐらいは読んでみたいと思うのが本好きだと思うのですが、このリストにあるのに読みたい本が簡単に手に入りません。

Short Listのご紹介。
一冊一冊のあらすじを書くのは大変なので、キーワードだけ書いてます。

Stay With Me by Ayobami Adebayo

1980年代のナイジェリアが舞台。
色々試すけれども妊娠できずにいるYejideが主人公。
日本のアマゾンでは通常1~4週間以内に発送します。となっているので、きっと取り寄せるのでしょうか?

The Power by Naomi Alderman

イギリスの作家。
ディストピアもの。女性に指から電気を出すという特殊能力が備わり、女性が男性よりも優位に立った世界。
あのMargaret Atwoodがお勧めする本。
私はこの本が超読みたい!のですが、USアマゾンは10月発売ってなってる!!!BookDepositoryから表紙は違うけれども安い方のペーパーバックを注文だ!
日本のアマゾンでは通常1~2か月以内に発送します。ってなってます。(イギリスから取り寄せるのかしら?)

The Dark Circle by Linda Grant

イギリスの作家。
第二次世界大戦後のロンドンが舞台。18歳の双子。結核菌がみつかる。
Kindleで購入可です。

The Sport of Kings by C.E. Morgan

アメリカの作家。
競走馬の話。この作品はこの賞以外にも他の色んな賞に取り上げられています
この本には興味はないのですが、ハードカバーカバーでもKindleで購入可です。

First Love by Gwendoline Riley

イギリスの作家
一見平和に見える30代半ばの女性と年上の夫。過去の摩擦が2人の間に残したものは。
これもKindleで購入可能です。

Do Not Say We Have Nothing by Modeleine Thien

カナダの作家
10歳の娘とその母。中国からの移民を受け入れる話。
日本のアマゾンは通常1~2か月以内に発送します。です。


という事で、カナダ人1人、ナイジェリア人1人、イギリス人3人、アメリカ人1人です。
日本人がここに入る日は来るかしら?
英語力で小説を書く日本人女性作家がでてこない限りないかな?


6月7日の発表が楽しみですね!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

オーダーした本

昨日は20% OFFにつられてThriftBooksから6冊古本を購入しました。
5つの発送しましたメールを受け取りました。
それぞれ、Baltimore(メリーランド州)、Detroit(ミシガン州)、Auburn(アラバマ州)、Portland(オレゴン州)から1冊ずつ、Chicago(イリノイ州)から2冊発送されました。
そうなのです、ThriftBooksは一か所の倉庫から送られてくるのではなくて、アメリカのあちこちの倉庫から送られてくるのです。
という事で1回の注文ですが、5つの郵便を受け取る事になります。(郵便配達のおじさん、この家は本ばっかり注文してるな~と思うことでしょう。もうすでに思われてるかもねぇ。)

話はそれますが、日本のアマゾンからオーダーした本(夫と息子の本も含む)がDHL便で発送されたのですが、この荷物を追跡してみるとどういう訳か、オハイオに行ってしまっているのです。
全くもって「なんでやねん!?」なのです。
過去には荷物が韓国や香港を経由してグアムに届けられる事はありましたが、アメリカ本土に行ってしまったのは初めてです。
えらい遠回りです。
到着予定日は5月4日だったのですが、本日すでに6日です。
きっと到着は来週になるでしょう。
あぁ、グアムは日本からも遠いわねぇ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

5月はまだ4日ですが…

先月末に以下のような本の買い物計画を立てました。

BookDeposit 2~3冊まで
(今ウィッシュリストに40冊入っているので、ここから早く読みたいのを毎月2~3冊ずつ頼む)
BookOutlet 送料込みで$30まで
その他の本屋では$20までとか?

本日4日ですが、すでにオーバーしました!!
なんてこったい!

まず、BookDepositからは3冊オーダーしました。
(これは予定通りです)

BookOutletですが、ペンギンクラシックが昨日、おとといと、沢山UPされました。
「Penguin Orange Collection」の本とかJane Austinの「Vintage Classics」からも1冊出ていて、いつか買いたいと思っていたんだから安く売っている間に買おう!とカートに入れていったら、気が付けば10冊以上になっておりました。これじゃぁ、いけない!と泣く泣く1冊外し、2冊外し…
結果6冊まで減らしました。
これで送料込みでトータル$33.93になりました。

地元の本屋さんのメンバーセールの日に、初めての詩集(Poetry!!!)1冊ともう1冊を購入しましたが、これで$20を超えました。

さて、ここまでは辛うじて予算ぎりぎりの線ですが…

TriftBooks(ネットの古本屋)からセールのお知らせが届きました。
この本屋からは、興味あって読んでみたいけど、正規料金払ってまではなぁ~、ちょっと試してみたいだけなんだけど~という本を購入しています。
状態がLike NewとかVery Goodとかの物を選んでおけば、変なシミがついている事もなくてOKです。
この本屋が4冊以上買ったら20% OFFというセールを8日までやっているそうです。
あ~、これは誘惑だわ。元値も1冊$4.00ぐらいなものなのですが、20% OFFなら1冊$3.20だし、そんなに安く買える事ってないものね~。
$10以上購入したらアメリカ国内は送料も無料になります。
結果6冊買いました。割引後のお代金が$20.10になりました。1冊平均$3.35です。安いよねぇ。
おまけにこのショップ、使った金額がReading Rewardsとしてカウントされて、その合計が$50になったら次回のお買い物の時は$5.00 OFFになります。
Like Newの本は1冊$4.39ぐらいなので、12冊買ったら1冊無料の計算ですね~。いいですね~。
(今回このクーポンももらいました!)
ま、ここはあくまでも古本屋で、好きな装丁の本を選ぶ事はできませんが、とりあえず読んでみたいな~って時には使えます。

という訳で、今月も予算オーバー必至です(涙)

ネットをフラフラしている時間を読書に当てれば解決する問題ですね。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【読了】A Court of Thorns and Roses


By Sarah J. Maas


A Court of Thorns and Rosesシリーズの1冊目です。
Sarah J. Maasと言えば、「Throne of Glass」というYAのシリーズで有名な人です。
「A Court of Thorns and Roses」シリーズはYAのファンタジー本ですが、Beauty & the Beast(美女と野獣)がベースになっています。

まず、一番強く思ったのは、主人公のFeyreの行動がアホちゃうか?という事でした。
「やっちゃいけない」と言われた事は全てやります、この主人公。
「Red Queen」の主人公と同じぐらいアホだと思いましたわよ。

このタイプのYAファンタジーシリーズはどれもこれも似たり寄ったりだなぁ。と思わずにいられませんが、ま、スタート時のペースは遅いものの、途中で嫌気がMAXに達さずにに最後まですっと読み切れたので、続きの2冊目を読みます。
2冊目の方が評判が良いので、この印象が挽回されると良いのですが…
なぜなら、もう3冊目も買っちゃっているからです!(なんでやねん?)
アマゾンのPre-Order(予約注文)の誘惑に負けました。

私が最近読んだYA本と比べると、前半は、The Hunted (By Meagan Spooner)に感じが良く似ていて、後半は、FrostBlood (By Elly Blake)に似ておりました。(多分この2冊の本の方が後に出てるので、真似した(?)としたらこっちがしたのかな?)
全体はTwilightの世界観がHunger Gameと相まった感じです。
YAファンタジー、もう他のバリエーションはないのかしらねぇ??

そしてこのシリーズ。3部作だと理解していたのですが、この後の本も企画されているようで…
今の主人公の話が3冊で終わるという事らしいです。同じ世界で別の主人公が活躍する話でシリーズは続くんだそうで…(多分出版社が売れる!とにらんだんでしょうね。)

そして、本日USアマゾンよりメールが届きました。
Pre-Orderしてあった3冊目を「発送しました」のお知らせです。
早ければ1週間で届くので今週中には2冊目を読み終えておきたいです!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR