3月のまとめ(Wrap Up)

3月は気がつけば15冊も読んでました。
そのうち5冊はAudibleのロマンスパッケージからでした。

では紹介します。

Pine by Blake Crouch

DarkMatterの作者の本です。今月最初に読んだのですが、もう既にどんな話しだったかの記憶が飛んでおります。この本シリーズの1冊目なので続きを読むには再読が必要かも知れない〜〜。

When You Disappeared by John Marrs

「Good Samaritan」の作者の本で、ミステリースリラーにカテゴライズされていますが、ファミリーフィクションとしても読める本でした。

An American Marriage by Tayari Jones

オプラのブッククラブに選ばれた本です。旦那さんが、無実なのに刑務所に入れられちゃう話。奥さんの方の気持ちに寄り添えなくて同じ女として「?」と思った本。

The Lost Wife by Alyson Richman

Audibleのロマンスパッケージからの1冊。ヒストリカルヒストリーのラブストリーですが、これは読んで良かったです。


Pretty Girls by Karin Slaughter

この作家の吸引力、すごいです。この本はかなりグロいのですが、ぐいぐい読まされました。

Stolen by Lucy Christopher

これもAudibleのロマンスパッケージからの1冊です。ストックホルム症候群の本。

Married with Zombies by Jesse Petersen

これもAudibleのロマンスパッケージからの1冊です。ちょっと軽くて笑えるのが読みたくてこれを選びましたが、笑いは少な目でした〜。

Rise of the Hears by Antoine Bonner

NetGalleyがお勧めして来たのでリクエストしたら直ぐに貰えた本ですが、これはひっちゃかめっちゃかでした。英語は簡単なので読みやすいのですが、内容があきませんでした。

Cake by J. Bengtsson

これもAudibleのロマンスパッケージからの1冊。ロックスターとの恋。

Younger by Pamela Redmond Satran

これもAudibleのロマンスパッケージからの1冊。ドラマ化されているので是非いつかはドラマを見たいです。

A Princess in Theory by Alyssa Cole

これは、ロマンスジャンル余り好きじゃない私もロマンスを楽しんだ本です。こういう楽しめるプロットと笑いを入れてくれるロマンス本ならもっと読みたいかなぁ〜。とりあえず、このシリーズの2作目は出版されたら絶対に読みます。

Friend Request by Laura Marshall

亡くなった同級生からFBでフレンドリクエストが来る話。え?悪い奴はそいつ?と騙されました。

The Seven Husband of Evelyn Hugo by Taylor Jenkins Reid

エリザベステイラーかマリリンモンローのような大女優の話なんだけど、思いの外深かったのとツイストが効いてて、ますますこの作者の本が好きになりました。めっちゃ読みやすいです。

Sinful Cinderella by Anita Valle

シンデレラのダークなリテリングです。『シンデレラ』と聞くと読みたくなる私にとってはツボな本でした。短いし読みやすいので、軽く読みたい人にお勧め。シリーズ2作目は白雪姫、3作目はラプンツェルです。

The Girl Before by J.P. Delaney

めっちゃハイテクな物件に住むには様々な条件があります。自分が住む前に住んでいた女性について調べていくと…という話です。前半が面白かったです。

今月のお気に入りは3冊
Pretty Girls (ミステリースリラー)
A Princess in Theory (コンテンポラリーロマンス)
The Seven Husband of Evelyn Hugo(フィクション)

今月は、読んだ本1冊1冊にかかった金額は低めです。AudibleのロマンスパケージとかNetGalleyのおかげですね。

今月読む予定にしていた「Strange the Dreamer」by Laini Taylorを読むのを忘れました。
4月に読めるかな?






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



24-Hour Readathon に参加しました

3月29日に参加表明をした「24-Hour Readathon」が無事に終わりました。
ちなみにこのリーダソンは細かいルールは特になく、24時間ただひたすらに本を読みます。

30日の昼間に読みかけてた本を読み終えて7時過ぎから本を読み始めました。
まず読んだのは、
The Seven Husbands of Evelyn Hugo by Taylor Jenkins Reid

エリザベステイラーのようなマリリンモンローのような女優の人生を書いた本なのですが、思ってたよりも深くて面白かったのです。
幸先の良いスタートでした!

次に
Heartless by Marissa Meyer

を読み始めたのですが、どうもノッて来ません。
The Lunar Chronicleは大好きだし、同じ作者だから絶対に面白いと思って読み始めたのですが、中々話しに入っていけません。
100ページまで読んだところで疲れました。一旦横にこの本は置きました。

そこで変わりに軽そうなこれに変えました。
Sinful Cinderella by Anita Valle

シンデレラのダークなリテリングという事で興味を惹かれたのですが、KindleとAudibleをダウンロードしたのは、安かったからです。
本日、Kindleが無料でAudibleが$1.99だったというのが一番惹かれた理由かも。
これが、軽く読めて良かったです。数時間で読めます。英語も簡単だったし。
シリーズ2巻に上手くつながっていそうです。ちなみに2巻は白雪姫、3巻はラプンツェルのダークなリテリングだそうです。

最後はこれ。
The Girl Before by JP Delaney

普通に面白かったですが、特にドキドキする事もなく…でした。


そんなこんなで24時間リーダソンが終わりました。
24時間ずっと起きているのは流石に無理で、合計6時間ぐらいは寝た事を白状しておきます。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



24-Hour Readathon 参加表明

洋書読み仲間のNorinちゃんLiliさんというブロガーさんと一緒にやっている24-Hour Readathonというのに参加してみようと思います。

何故なら今息子が日本に行っているから邪魔されないのです!
そして、夫に話してみたら土曜日はあれしよう〜!これしよう〜と、1人で遊ぶ計画を立て始めたので、これ幸いです!

March 30, 2018の午後7時から翌日の午後7時まで。
金曜の夜から土曜日の夜ですね。

こちらグアムは明日の金曜日は祝日です。
ちょっと午前中は休日出勤しますが、午後からは予定なしなので、(都合の良い事に夫は夕食は外食らしいし!!)とりあえず今読んでる2冊を読み終わりたい〜。
できれば昼寝もしておきたい所です。

そして、7時から新しい本を読もうと計画中。

読む本の候補は以下の3冊。
Heartless by Marissa Meyer


The Seven Husbands of Evelyn Hugo by Taylor Jenkins Reid


The Girl Before by JP Delaney


24時間読み続ければ全部読める計算ですが、多分どこかで眠りに落ちるだろうから2冊読めればOKとしよう!

さ〜、はじめてのチャレンジ。
楽しんで24時間本を読みますよ〜


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Rise of the Hearts


By Antoine Bonner


NetGalleyがお勧めしてきたのでリクエストしてみたらすぐに貰えた本です。
ただでもらっておいて、ネガティブな評価は心苦しいのですが、正直に思った事を書いときます。

Nathanielはずっといじめられてきて、唯一の友人は妹のKimだけ。女の子にもうざがられている。しかし、ミラクルなパワーを手にして好みの女の子を惹きつけられるようになるのだけれども、このパワーには代償が!
というジャンルはホラーの本。

しかし、この本。英語は非常に簡単で読みやすいのですが、いかんせん『Far-fetched』で『Absurd』なのです。そんな訳で全く怖くない!あり得ない程のアホらしさです。
短いしさらさらと読めるのでさらっと50%ぐらいまで読んだところで、これはあかん小説なんじゃないかと思い始めたのでやめようかと思いましたが、ここまで読んだので最後まで付き合ってやろうと思って読み終えました。

あかん小説でした。
色々とBuild Upしたのに、そんなあっさり終わる?という終わり方で、全くこの作者が何が書きたかったのか分かりませんでした。

日本で言う木下半太的なアホらしさなら結構好きなんだけど、この本はあり得ない出来事が全くつながってこないので、なんじゃこりゃ状態のまま終わる感じです。

星1つにしようか2つにしようか悩んだんですが、さらさら読めるという一点だけで2つにしときました。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Pretty Girls


By Karin Slaughter
初めてのSlaughterの本です。
この作者の本は相対的に高評価なのでとても楽しみにしておりました。
読み始めてからぐっと引き込まれました。
しかし、この本、事件の描写がエグいです。
グロいのがOKな人だけにオススメなドキドキ感です。
半分ぐらい読んだ時に「ええええ!!!!」となる事が書いてあって、ぶっ飛びました。
この時点で、全くあり得ないような展開で読ませるタイプの作者なのかと怪しみ、ちょっと読むペースが落ちました。
しかし、その後ちゃんと話しがつながったのでその後は一気に最後まで。
ヒロインがまた上手く描けておりました。
決して好きなタイプではないんだけど、応援しました!!
ちょっと本は長めです。
またこの作者の別の本を読みたいと思います。
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】You


By Caroline Kepnes


何かDisturbingな本を読みたくてこれを選びました。
そうそう、これこれ。こんな感じなのが読みたかったんだよ。

語り手のJoeはどんな家庭環境でどんなふうに育ったんだ?と思う程歪んでおります。
はっきり言ってストーカーです。
人を好きになると、相手の事が知りたくなる欲求は誰しもあるのでしょうが、彼の場合は行き過ぎなのです。
うかつにクレジットカードすら使えない猜疑心に悩まされる事になりそうです。
なのに、途中途中でJoeを応援したくなるのはなんででしょう?
私も歪んでるのかも!??!?!?

いや、ストーカーされてるBeckの事が好きになれない辺りに原因があるかもしれません。
この女なんやねん!?

以前にモダンクラシックの『The Collector』 by John Fowlesを読みましたが、時々これを彷彿させるような場面が出てきました。(これは誘拐犯の目線で書かれていました)
この時は被害者の女性にかなり同情したんですけどね。

Joeは本屋をやっています。
なので、本に詳しくて、よく作家の名前や本のタイトル・引用が出てきます。
読んだ事のない本が引用されているとその本を読んでみたくなるので困りました。
ちなみに映画のタイトルもポンポン放り込まれます。


この本、スティーブン・キングがお勧めしておりますが、本の中にキングの『Doctor Sleep』が何度も引用されていたので笑えました。ダン・ブラウンの名前も何度も出てくるのですが、こちらはキング程好意的に書かれていないのでブラウンはお勧めしていないのしょう!?(いや、知らんけど)

さて、この本の続きがあります。
『Hidden Bodies』というタイトルです。
ペーパーバックを持っております。Joeが今度は何をしでかすのか確認してみたい気もします。
が、こちらの評判は『You』程よくありません。
どうしようかな~?






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR