【読了】The Wife


By Meg Wolitzer


この作家の最近の本の色使いがとっても好きでして…
これとか、これとか。(The Interestingsの方が好き♪)


そんな事からこの作家の事を知ったもので、どんな文章でどんな話を書くのか良く知りませんでした。

BookOutletのセールでついでに買った映画タイアップの表紙のこの本。どんなもんか読んでみました。

彼女の文章力というか表現力というか・・・気に入りました。
Creative Writingのクラスを大学で教えたりもしているようなので、文章力は確かです。

The Wifeに関して言えば、主人公と主人公の連れ合いの人生を何十年に渡って追った話しで、秘密に関しては「あ、こういうことちゃうか?」と想像はできたのですが、この作家の文章を通してその話しを読みたい!と思いました。
フェミニズムのメッセージ性もあって、時には笑えました。
う〜ん。結構好みです。

ペーパーバックの表紙にグレンクロースが載っていて読んでいる途中で、で、どんな報復が待っているのか?とか頭を横切らなかった訳ではないけど・・・(はい、未だにグレンクロースは「危険な情事」のあの人の印象なのです)

この作者の他の本も読みたいです。
BookOutletにも何冊かあるのでどれか次のセールの時にでもゲットしま〜す。(GoodReadsの評価は2.90~3.61と、あまり高くないんですけどね。何でだろ?)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




6月のまとめ(WRAP UP)

あぁ、今月も早かった。
今月も1冊単独での本の感想を書いていませんね。
忙しいって言いたくないけど忙しかったのです。
 
では今月私が読んだ本を簡単な感想も添えてご紹介。
 
All the Beautiful Lies

By Peter Swanson
ページ数:304
ワードカウント:73,950
キャラクターがどうしてそんな行動にでるのか、少し納得できない感じでした…
 

No Exit

By Taylor Adams
ページ数:352
ワードカウント:84,680
これは次から次へと襲いかかる危機にはらはらしながら読みました。主人公のお母さんが私と同じ年でちょっとショックだった本。


The Night Circus

By Erin Morgenstern
ページ数: 516
ワードカウント:118,900
この本、非常にハマる方が多い中、私は全くハマれずしんどかったです。

 
Cult X

By Fuminori Nakamura
ページ数:528
ワードカウント:125,715
この本は日本語(『教団X』)で読もうとしたんだけど、読めなかったんだよね。文章なのか何なのか??英語ではAudio Bookの助けを借りてやっと読めました。セックスカルトの描写に非常に疲れました。


Jurassic Park

By Michael Crichton
ページ数:464
ワードカウント:131,950
ツイッターで何人かが読み始めたので私も読みました。映画とはちょっと違ったようだけど、これはこれで面白い!ドキドキものでした。続編も読みたいね〜。

 
Small Great Things

By Jodi Picoult
ページ数: 480
ワードカウント:143,695 
人種差別について考えちゃう本です。この作家がAfrican Americanの立場に立って問題提起している辺り、考えることを強要されている印象を受けちゃっったのが残念だけどね。


Theodore Boone: Kid Lawyer

By John Grisham
ページ数:288
ワードカウント: 43,935
基本、法廷物って好きなんです。子供が主人公だし読みやすくて、うちの子供にも読んで欲しいな。


Ms Ice Sandwich

By Mieko Kawakami
ページ数: 96
ワードカウント:24,000
家にある1番薄い本。今月2冊目の日本語からの翻訳本。読んだ後、日本語でも読んでみたくなりました。この単語、日本語では何なんだろう?というのがいくつかあったもので。


The Silent Patient

By Alex Michaelides
ページ数:336
ワードカウント:75,835
評判良かったから読んでみたけど、期待が高すぎたため、期待には応えられなかった本。最初と最後は面白かったけどね。


The Wife

By Meg Wolitzer
ページ数: 219
ワードカウント: 70,905
40年も人生を共にした夫への鬱憤が過去を振り返りつつ、淡々と語られるのだけれども、その文章力というか表現力というか、ここに引き込まれました
この作家の別の作品も読んでみたいなぁ。

という事で、今月読み終えたのは10冊でした。
紙本は合計5冊読んで消化しました。

数字データはこちら。
ページ合計数:3,583
1冊平均ページ:358
1日平均ページ数:119

ワード合計数:893,565
1冊平均ワード数:89,357
1日平均ワード数:29,786

今月はちょっと厚い本も読んでますね。
7月もこのペースで読めますように!
 
 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




 
 
 

ThriftBooksさんとのやりとり

この間、Jurassic Parkを読み終えた辺りからマイケル・クライトンの他の作品も読みたいなぁと思っていて、日本人だし「ライジング・サン」(ロサンゼルスに進出した日本企業で殺人事件が起こる話)でも読もうと思い立ちました。ネットの古本屋さんのThriftBooksでVery Goodのコンディションのものを発見したので、これを購入。

20190622205732f90.jpeg

見にくいかもしれませんが、この通り、Very Goodで$4.69で注文したわけです。

しかし、発送しました〜というメールをみてみると、
20190622205731179.jpeg

あれ?QualityがAcceptableになってますや〜ん!
Acceptableは取り合えず読めるけど汚れてたり、古本感の強い本なんです。
いや、私はわざわざこれを避けて、Very Goodな状態な本を頼んだのにAcceptableはあかんわ!

という事でメールしました。
オーダーしたのはVery Goodなんだけど、Acceptableが送られてるみたいなんだけど〜。なんかの間違い!?って。

まず届いた回答には、「本が手元に届いたら返却してください。代金はお返しいたします。送料はそちらでお持ちください」という内容。ちゃう!私は本を返したいんとちゃうんや!!キレイな状態の本が欲しいんや!
大体グアムに本が届くまで1ヶ月半かかるのに、送り返してたら合計3ヶ月かかるやん!

だったら要望を変えよう…という事で再度メールを出しました。
グアムからだと時間がかかりすぎるので、差額分を私のアカウントに戻しておいてくれれば、もうAcceptableでもいいです。と。
そしたら、また返事が来ました。
すると、今度の担当者はこう言ってきました。
「在庫を確認しましたが、現在Very Goodなコンディションのものがありませんでした。100%返金します。送られた本を返却する必要はございません。本はどうぞ、まだ読める状態でしたら地元のチャリティー機関にでも寄付してください。」

と!!!えええ!!???
私は差額の70セントを次に本を買う時にまけてくれれば良かったんだけどぉ。
まだ本は手元に届いていなくて、本当に本の状態がどうなのかは実際分からないんです。
ただ、送られてくるのは本当にAcceptableなのかどうか確認したかった事から始まったメールのやりとりが、最終的に本1冊無料で送られてくる事になってしまった。

ちょっと罪悪感。
間違ったのは向こうさんだけど、タダでもらおうとは思っていなかったのになあ。

ま、1ヶ月半後ぐらいには実際に届くのがどんな状態な本だかがはっきりする訳です。
めっちゃ酷い感じじゃなければいいな。でもタダだから文句は言えないね…

あ、2番目の担当者の思惑はここか!タダだから文句は言うなよ!って事!???

どんな状態の本が届きても、ありがたく読ませて頂きます。はい。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





The Mid-Year Check In Tag / 2019

BookTuber界では「Mid-Year Book Freak Out Tag!」というのが主流です。
要は、今年に入ってからこの半年の間のリーディングのまとめを質問に答える形で発表するTagです。
が、このFreak Out Tagには私が答えられない質問が混ざっているので、こちらのCheck In Tagの方に答える事にしました。

それでは発表です。

1. How many books have you read so far this year? (今年に入って何冊読んだ?)
現時点で51冊です。

2. What’s your favorite book so far this year?(今年読んだ本で1番のお気には?)
Affinity by Sarah Waters

何度も好き!って言ってる気がするけど、今年読んだ本の中ではダントツに好きです。

3. What’s the most disappointing book you’ve read this year? (今年読んだ本で1番がっかりしたのは?)
The Water Cure by Sophie Mackintosh

この本には期待が大きかったのですが、期待はずれだったわ〜。

4. What genre have you read most this year? (今年1番たくさん読んでるジャンルの本は?)
調べてみたら1番読んでるのはSF(Dystopia/apocalypseを含む)とFictionと呼ばれるジャンルの本でした。ホラーは2冊だけ。ぜんぜんホラーを読んでないじゃん!

5. Name a new favorite author that you’ve discovered this year (今年発見した新しく好きになった作家)
これはツイッターの本読み仲間と盛り上がったClarissa Goenawanさん!Rainbirdsは日本人が書いたんじゃないの!?と驚く程の違和感のなさでした。次の作品も楽しみです。


6. What’s the most surprisingly good book you’ve read so far this year? (今年1番の驚き!で良かった本)
The Life We Bury by Allen Eskens

これは素直に面白かったし、期待以上だった!この作者の他の作品も読みたいです。

7. What are your most anticipated 2019 releases? (2019年に1番期待している本は?)(この質問複数形…なんで?)
The Testament by Margaret Atwood

今年の9月に発売になります。「Handmaid’s Tale」の15年後の世界を描いているらしいです。しかし、発売されたばっかりの時はハードカバーで高いので、少し待とうかな?
そしてこの本以外に思いつきません。

8. What’s your next big priority for your reading?(この後1番優先して読む本は?)
The Secret History by Donna Tartt

まだ、最初の3ページしか読んでませんが、これをしっかり読みたいのです!

9. What’s been your bookish highlight of the year so far? (ここまでの本的なハイライトは?)
今年は紙本消化が目標だから紙本2冊読んだら紙本1冊買えるというルールでやってますが、これほんまにキッツイです!そろそろ限界かも〜

今年後半もいっぱい読めますように!

以上です〜。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Jurassic Park


By Michael Crichton

この間、同作者の「Sphere」を読んでから、他の作品も読みたい!と思っていたところで、ツイ洋書の友の@Norin_76 のりんちゃんがこれを読み始めたので合わせて読んでみる事にしました。
実際には、気がのらない別の本を読み終えるべく、そっちに時間を取られていたので、のりんちゃんを追いかける事になりました。

映画とは随分と違ったんだけど、これはこれで緊迫ムードが凄かった!
プロットも計算されつくしているし、一難去ってまた一難で、息をつく暇もない怒涛の畳み掛けは流石Crichtonです。
映画も面白かったけど、本も面白かったです!

Lexという子供のキャラクターがうざいんだけど、5歳の子供ってこんなもんだと思う反面、こんな言動はせ〜へんやろ〜!!と思う事もありました。(ちなみに映画だと、女の子がお姉ちゃんだったので役所が入れ替わってるね!)

今回これは、KindleとAudibleがそれぞれにセールだった時に購入していたのでWhispersyncさせて聴き読みしておりました。(恐竜の名前、目だけじゃ読めないっす!)
なのにです、最初に私の古いiPhone(今はiPodとして利用)で聴いていたら半分ぐらいで音が聞こえなくなりまして、今使ってる携帯でダウンロードして聴いてたら75%で音が聞こえなくなりました。なんでやね〜ん。
そこで、Scribdをチェックしたら音源があったので、最後の25%はScribdで聴きながらKindleを目で追う形になりました。
なんなのよ、これはAudibleの問題なの?それともKindleアプリ?

ま、そんな問題も発生しましたが、ジュラシック・パーク面白かったです。
生物学的、数学的な事は大体理解できればいいのです。英語は意外と読みやすいのです。
まだ読んでいない人がいたら、ぜひチャレンジしてドキドキして欲しいのです。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング






ゴール途中チェック

積読本、1年に60冊減らす!!
という目標を今年に入ってからたてたのですが、現状、手持ちの紙本を何冊読んだのか、チェックしてみます。

1月:6冊
2月:4冊
3月:3冊
4月:6冊
5月:3冊
合計:22冊

このままいくと60冊は読まないままに1年が終わってしまう計算ですね。
あかん!!
Kindle本を消化している場合ではありません!
GoodReadsの目標の「1年で80冊読む」に対しては43冊読んでいるのでこちらの目標は達成できそうですけどね!

ページ数目標というのも実は立てておりました。
1年で40,000ページ読むというもの。
現時点で合計12,371ページしかよんでいません。これ、達成できないんじゃないの??という感じ。

そして、Reading Goalとしてあげていた、今年読みたい14冊のうち、読了したのは1冊で今読んでいるのが1冊です。このペースだと、半分も読めないじゃん?

という以上の結果を踏まえまして、もうちょっと積読を消化していかないといけないという結論に達しました。

はい。頑張ります。
12月末の発表を楽しみにお待ちください。(自分にプレッシャーをかけてます)


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR