【読了】The Seven Death of Evelyn Hardcastle


By Stuart Turton
 
翻訳バージョンが「このミステリがすごい」の4位にもなったこの本は、前評判からかなり入り込んだ複雑ミステリーだと認識しておりました。
しかし、Costa Book Awardも取った作品だし、面白くない訳がない!と勝手に思い込みまして、読んでみたい本でもありました。
一人で読んだらくじけそうなので、ツイッター洋書の友たちとBuddy Readする事になり、私の紙本をベースに1日20ページのペースで読みました。
 
20ページにしといて良かった!
何故なら、もう何度も読み返しながら読み進める事になったからです。
 
先ず私の問題点は、名前が覚えられない。
大抵名前はイニシャルぐらいしか把握して読んでいないので、”D”で名前が始まる人が複数出てくると、この”D”は誰だ??という事になるのです。本の初めの所に主要登場人物の名前が書いてあるのですが、そのページに何回戻ったやら??です。
 
プロットも複雑でした。
主人公は毎日違う人物になって目を覚まし、同じ日を繰り返すのですが、その日の夜に起こる殺人事件の犯人捜しをしないといけないんです。
これが、毎日誰になって目が覚めるかも分からないし、ルールを説明してくれるPlague Doctorやら、未来の自分やら、仲間なのか仲間じゃないのか分からない人物から聞かされる話しの何を信じてよいのかも分からない。
誰が味方なのかも分からない状態で謎解きですよ。難しいに違いないでしょう!?
おまけに、ライバルもいるらしいし、自分を殺しに来るFootmanやらもいて、これがさらに話しをややこしくします。
登場人物達もみんな何かしら秘密を抱えてるし、簡単に犯人捜しなんてできないわけです。
4日目やってたのに、急に2日目の人に戻ってたりもするしね。
後になれば後になるほど、ホストの人格に中の主人公の思考が引っ張られるようになったりする。アホなホストに入ると自分もアホに引っ張られて思考ができなくなっちゃうみたいなね・・・
この主人公が何で、こんなループしている世界にいるのかもずっと疑問のまま読み進める事になるんですね。
 
Buddy Readの仲間たちと日々、今日の疑問なんかを話しながら読んでいたのですが、話の半分ぐらいまではとても活発に謎についてや、犯人について推理したりもしたのですが、あまりの複雑さに後半はちょっと話し合いが静かになったぐらいです。
 
ちなみにこの本のタイトルイギリス版では「The Seven Deaths of Evelyn Hardcastle」なんですが、アメリカ版では「The 7 ½ Deaths of Evelyn Hardcastle」なんですよ。
これは、ちょうど出版する辺りで、Taylor Jenkins Reidの「The Seven Husbands of Evelyn Hugo」という本がでていて、タイトルがあまりにも似通っているから変えたそうです。作者インタビューで読み拾いしました、このネタ。でも、今探してみたらこの記事が見つけられませんわ。

皆様、この作品、この作者のデビュー作らしいんですよ。
こんな複雑な物語を書けるだなんて、頭の中どうなってんだろうね!?

また、この作者が別の話を書いたらチャレンジしてみたいわ!

 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



12月のまとめ(WRAP UP)

12月が終わってすでに10日が経ってしまいました。
早いですね。
忘れない内に12月のまとめについてUPしておきます。

12月は師も走る月。師でもなんでもない私もばったばたの1ヶ月でした。
そんな中、KindleUnlimited(KU)から3ヶ月$0.99セールの案内が来ました。読んでみたいKU本がありましたので、即サインアップ。
したが最後です。12月に読んだ大半はKU本です。
紙本の積読本が減りません。

では読んだ本を紹介します。
 
Skyward

By Brandon Sanderson
ページ数:528
ワードカウント:134,560
Brandon Sandersonの描く世界に外れはないと思っている私ですが、実は読み始め、この本は始めての外れか?と思ったのでした。途中からはそんな事を思った事も忘れるぐらいハマったんですけどね。


Obscura

By Joe Hart
ページ数:352
ワードカウント:91,640
ホラー本のリストを検索している時に、「100 Best Horror Books Of All Time」(Reedsydiscovery)というリストを見つけまして、その100冊目がこの本でした。
これによると新しいホラーもクラシックと同じぐらいスリリングだ!と紹介されていて、俄然興味がわいた本です。認知障害が老いも若きも関係なく広がる近未来が舞台。自分の夫をこれが原因で亡くし、娘も同じ病状を持つ科学者の女性が主人公。
 とここまでのあらすじを読んで、本編を読みたくなりまして、米アマを検索したところ、これがKindle Unlimitedで読めましたので、Audibleを足したら$1.99でWhispersyncにして読みました。先ずはホラーと思って読み始めているのに展開がSFなので、え?と思った所、よくよくあらすじの続きを読んでみるとNASAという言葉が出て来たり、Space Stationという言葉が出てきたり。はい完全なるSF作品でした。SFの割には読みやすくはありましたが、ホラー?という程は怖くはありませんでした。ま、サスペンスかスリラーぐらいなら納得です。近未来に本当にテレポーテーションできるようになったら、こんなことも起こるかも知れないな。と思いながら読みました。


The Devil’s Apprentice

By Kenneth B. Andersen
ページ数: 310
ワードカウント:77,500
ツイ友のNorinちゃん(@Norin_76)がまず読んで絶賛していたのですが、その後チーさん(@chee599)までもが面白いと呟かれ・・・そりゃ気になるじゃないですか!?これがKindleUnlimitedの1冊だったのでサインアップしたようなものです。はい。面白かったです。


The Die of Death

By Kenneth B. Andersen
ページ数:327
ワードカウント:81,750
先程の1巻が面白かったので2巻も読んでみたくなりました。個人的には1巻の方が面白かったですけど、読後感は良いです。


Followed by Frost

By Charlie N. Holmberg
ページ数:254
ワードカウント:65,395
ある日のセールにこの本が入っていたんだけど、KindleUnlimitedの文字が見えたので、開いて見たら”Read & Listen Free”となっていたので即ダウンロードしました。主人公が始めは好きになれなかったんだけど、思いの外楽しんで読めました。Snow Queenのリテリングかな?


The Seventh Bride

By T. Kingfisher
ページ数:226
ワードカウント:59,015
Followed by Frostと同じ時に見つけた本。これも"Read & Listen Free"でした。これは青髭(Bluebeard)のリテリングです。ま、かなりファンタジーだったけどね。それなりに楽しめましたけど。


Intercepts

By T.J. Payne
ページ数:325
ワードカウント:81,250
ホラー本という事で読みました。またKindleUnlimitedの1冊です。最初は入り込めなかったけど、子供が怖い思いをしていくので興味が湧きました


The Girl in the Locked Room

By Mary Downing Hahn
ページ数:200
ワードカウント: 34,510
ミドルグレード対象のホラー本です。英語がクリーンで読みやすいです。怖くもなかったんだけどスランプ気分を脱しました。

という事で、12月は8冊でした。

数字データはこちら。
ページ合計数:2,522
1冊平均ページ:315
1日平均ページ数:81

ワード合計数:625,620
1冊平均ワード数:78,202
1日平均ワード数:20,181

12月は紙本消化が何と1冊!!KindleUnlimited本ばっかり読んじゃった・・・


 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




 
 
 

蔵書のリスト整理

2018年と2019年に購入した本は全部エクセルに入力してデーターベース化してあります。(それ以前購入の本はまだデータ化されておりません)
今日はそれを合わせて一つの表にしてみました。
自分でも複数媒体で本を買う傾向があるのは承知しておりましたが、今回複数媒体で何冊持っているのかが明らかになりました。

今日は「Kindle + Audible + 紙本 」の3種媒体で持っている本について触れます。

3媒体で持っている本が78作品もありました!!これは自分でもびっくり!
その内19冊は既読でしたので、残り59冊は未読!
いっぱいあるじゃん!これを優先で読めばいいんじゃな〜い?
と思ってタイトルをチェックしてみたら、シリーズの2巻ってのがありました。
1巻はないのに、2巻だけ??

大体3媒体買っていてもセールを利用して買っている場合がほとんどなので、計算してみると平均1冊$16.21使っている事になります。紙本だけでも新品で買えばそのぐらいはするので、お得に買ってると思うのですがどうでしょう?

さて、その中でも優先して読みたい本をあげてみます。


The Thirteenth Tale

By Diane Setterfield
カテゴリーは、ヒストリカルフィクション、ミステリーゴシックといったところでしょうか?何の話かはよく知らないのですが、結構評判がいいので購入しました〜


The Terror

By Dan Simmons
これはホラーですが、700ページ越えです。GoodReadsの評価も星4つを越える高評価です。読まなきゃ〜


The Sunlight Pilgrims

By Jenni Fagan
アポカリ物です。世界が寒くなる話なんだけど、好きなジャンルなので早めに読みたい〜。


The Only Woman in the Room

By Marie Benedict
ヒストリカルフィクションです。これは表紙がなんか好きだったので買ったんだけど、フェミニストな印象を受けるので是非読みたいです。


The Hunger

By Alma Katsu
ホラーです。この作者の次の本が3月にでるので、その前に読んでおきたいのです〜


The Book of Ivy

By Amy Engel
SFディストピア物。多分、好きな感じの本!?


Swan Song

By Robert R. McCammon
900ページ越え。ホラー、ポストアポカリ物。めっちゃ読みたいけどページ数に怖気付いてます。


Strange Weather

By Joe Hill
いつの間にか3種が揃っていた本!ホラー短編集。短編集は苦手だけどチャレンジしてみたいです。


Red Sister

By Mark Lawrence
ダークファンタジー。この本、地元の本屋だとマスマーケット版しかなくて、文字が異常に小さくて読めなかったんだわ。で、ハードカバーを求めて色んなネットショップをうろうろして、結局米アママーケットプレイスでやっと見つけたという曰く付きです。


Pieces of Her

By Karin Slaughter
600ページ越えなのと、この人の話は構えて読まないと暗いし痛いので、時期が訪れるのを待っていたのですが、そろそろ読みたいなと。

とりあえず10冊に絞ってあげてみました。
ウィスパーシンクして聴き読みして、時には紙本で読むというウロウロ読みができるのは私の理想の読み方なのです。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR