ライティングにつながるリーディング5(私のアウトプット)

ライティングスキルの向上のために日記を英語で書きましょう。
というのを時々見ますが、これはどうなんでしょう?
私も昔、英語の日記を書いていた(嫌、書かされていた!?)時期がありました。
毎日、何をやったかどう思ったかを書いていたと記憶していますが、毎日ほぼ一緒でした。
書いていたのが「何時に起きて、ランチは誰と食べて、家で何のテレビ見て、何時に寝た。」
みたいなつまらない日記でした。子供の日記と変わりがありませんね。
日ごろから日本語でも日記を書く習慣がないので中身のないものしかたなかったようなのです。

なので、私にとっては日記は本当に英語初心者だった時だけのものでした。

それよりも今振り返れば効果があったのは、ラブレターだったかもしれません。
相手に思いを伝えたくて何枚も書いては捨てて、また書いては捨てて…と完成させるまでに何パターンも書きました。
日記よりも、自分の気持ちについて沢山書いていたと記憶していますが、今読んだらきっと恥ずかしい思いになると思います。(あの頃は若かった…)
あの時の彼が、手紙を捨ててくれていることを祈ります…

もちろん、学生の時に日本語から英文を作っていたあの頃のレポートの数々も決して無駄ではなかったとは思います。
英語の単語を調べただけ新しい単語のインプットになったでしょうし♪

「アウトプット」も沢山練習できれば強いですね。

私はやったことがないですが、本1冊をまるまる書き写すのもライティングには効果的らしいですよ。
一度時間作ってやってみようかな?(もちろんその時には薄っぺらい本にします)


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR