【読了】Dolores Claiborne


By Stephen King

前回のエントリーから1か月弱が過ぎてしましました。
本を読んでいなかったわけではありません。
日本に帰省していたのです。
母の家にはパソコンがなく、私もバケーション中にパソコンを開ける何てこともしたくなく…
ということでブログから遠ざかったおりました。

せっかく日本に帰っていたので日本語の本を読んでおりました。
いっぱい買ってきたし♪(それぞれの感想は後程)

そんな中この本。
10年以上うちで眠っていた本ですが、Audibleもダウンロードして読み始めました。
ペーパーバックの文字も前回の「Lightning」よりはフォントが大きくて読みやすかった♪
この本はAudibleと並行して正解でした。
独白を続ける老婆の英語がなまっていて、その発音のまま表記してあるので読むよりも聞いた方が分かりやすかったのでした。

しかし、キングって男の人なのになんでこんなに女の気持ちを理解しているのだろう?
と思うぐらい女の母の気持ちが書き込んでありました。
すごい人です。

いつものホラー調ではないけれど、母親というのは子供たちを愛していて、子供を守るためには鬼にでもなれるという怖さを含んでおりました。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR