【読了】残り全部バケーション


by 伊坂幸太郎

先日の日本帰国中に日本の小説を数冊購入して帰って来ました。
そのうちの2冊は伊坂幸太郎氏の本。
彼の(特に初期)の本が好きで新しい本が出るたびに次から次へと読んできましたが、いつぐらいからか「う~ん」作風が変わってきたからもう読むのをやめようかな?と思っていたのですが、この本はまた初期の作風に戻ったようで、楽しめました。
悪い奴らが出てくるあたりは木下半太風でもありましたが、伏線の回収の仕方は流石伊坂さんでした。
(木下半太氏の本は数冊キンドルに収めて帰って来ました)

岡田というキャラクターとお友達になってドライブ旅行した家族はその後どうなったのかが気になっております。
岡田がどうなったか?が最大の山場のはずなのに、私はいったいなんと見当違いな心配をしているんでしょう~。(笑)

伊坂さんの作品は大体そうなのだけれども、映像化されたものも見てみたいなぁ。

皆さま、運転する時はどんなにイライラしても、前の車との車間距離は開けておきましょう。
溝口にやられますぞ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR