【読了】Gated


By Amy Christine Parker

先日「and the Story Begins」から送られてきた本1冊。
裏表紙には「Creepy Book」だとのコメントがあり、表表紙には「Psychological Threller」というコメントがあったので、ま、好きそうかも?と思って読み始めてみました。

しかし、いったいどんな話だかは検討もつかずに読み始めましたが、カルト集団の中の子の視点での話でした。
何も予測せずに読んで正解でした。
最後の方は結構ハラドキでした。
結局本を閉じられず、最後まで一気読みした為に、夜更かししてしまいました。

この作者の英語で気になったところがありました。それが、下のような文章。
...we've worked for for himself...
Whoever it is is much shorter than he is.
Whoever it is is coming fast.
How much danger can we really be in in here?

そう、同じ単語が2回続く文章。文法的には合ってるんだろうけど、こういうのが何個もあるので出くわす度に目が止まってしまいました。
文章には癖がない方が本は読みやすいですね。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR