グアムの図書館でに行って来ました

今日は息子の漢字検定の人でした。
テストを受けている間、お迎えの時間まで何していようか?と思っていたのですが、ふと図書館に行ってみよう!と思いつき、行って来ました。
20170128161051b20.jpg


まだグアムに来た当初に1度だけ行った事があるのですが、その時には何も読みたい本がない!と思った記憶がありました。
が、今日行ってみると、その時よりはまだマシになっている感じでした。
20170128161053c02.jpg

2階のフィクションコーナーに直行しましたが、ダストカバーがかかった本が以前よりも増えていました。
以前はほとんど全部ダストカバーが取れていて何の本なのかがよく分からない状態でした。

20170128161054af5.jpg
Ken Follettはダストカバー付きですが、その下の段はカバーなし。

で、読みたい本を探してみました。
今一番読みたいのはJane Austenの「Emma」ですが、一応ありましたが、ヴィンテージ感たっぷりのハードカバーで字が小さく詰まっていて読めそうにありませんでした。
しかし、Charlotte Bronteの「Jane Eyre」はLarge Print版がありました。これは字が大きくて読みやすそうでした。

さて、有名な作家の本は色々と置いてあるようでしたが、Paul Austerがありません。
これにはびっくり。何で??なんでAusterの本が1冊もないの???
誰かが全部借りてるの??

私のGuilty Pleasure本(秘密の楽しみ♪♪)のJanet EvanovichのStephanie Plumシリーズは揃っておらず、新刊は全くありませんでした。

Joe Hillの「Horns」は何故か2冊ありました。後、「Heart-Shaped Box」があったので借りちゃおうかと思ったのですが、今日は時間もないし、来月はこの本を詰め込む余裕もないので諦めました。

1階に子供の本コーナーとYAコーナーを見つけましたが、YAはセレクション少なめです。
Sarah Dessenの本ですら2冊しかありませんでした。

1階の一角にNew Arrivalの本のコーナーがありましたが、特に新しい本というわけでもなく、For Saleのコーナーにはボロボロになった本しかおいてありませんでした。

何だか寂しいじゃないか〜!!!

いつか、私もがグアムの地を離れることがあれば、本は大半を手放す事になるかもしれません。
その時には図書館でに寄付しようと決意いたしました。
(それぐらいセレクションが少ないです)

暇を持て余していたら本棚を練り歩いて何冊かは読みたい本を見つけられそうですが、今日みたいに時間が限られている時は無理ですね。

またいつか訪れてみたいです。

あ、追記ですが、図書館だけならサイパンの方が借りたい本が多いです。
きっと、地元の本好きが寄付しているんだと思いますが、意外と新刊も沢山あるのです。
グアムにも本好きはいると思うんだけどなぁ。もっとみんな寄付してくれないかしらね〜!?

最後に2階にこんな物を見つけました。
20170128161055985.jpg
時代遅れの産物です。
1階にはパソコンが何台か置いてあったので、蔵書はそちらで調べられるんじゃないかと思いますが、これは時代を感じるよね〜。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR