The Miniaturist

2014年イギリスでSpecsavers Book of the Yearというのでベストセラー賞を貰った本と聞いて読む気になった本。

歴史小説は自ら進んで読みたい部類の本ではないので、話に入り込むまでに時間がかかってしまった。

そして今日読み終わった瞬間「え~」っと一言発してしまった。読み間違えたのか?と思える終わり方だった。読み違えたに違いない…

読む前に、実物の家のキャビネットを見とけば良かったなぁ~。

しかし、このミニチュアの造形師(?)の目的はなんだったんだろうね~?何でネラに焦点を当てたんだろうね~?

疑問だらけで読み終わりました。


人気ブログランキングへ

Post a comment

Private comment

こんにちは。
ホントなんの目的があって人形が送りつけられてきたのかがわからずじまいで、拍子抜けして読み終わりましたよね。
作家は善意な感じが漂っている風に書いていますが、何気に悪意を感じるというか、、、、

コメントありがとうございます

>hinajiroさん
同感していただけて嬉しいです。
もっとすっきりと読み終わりたかった本でした。
Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR