【読了】1984


By George Orwell

70年ほど前に書かれたこの作品が今ベストセラーになった意味は?
CNNが "We're living '1984' today"といっている意味は?

それが知りたくてこの本を読んでみました。

トランプ大統領になってからディストピア小説が売れているそうですが、この作品はその代表です。

今抑えておきたいとされるディストピア文学は以下の4冊。
1984 By George Orwell
Fahrenheit 451 By Ray Bradbury
Brave New World By Aldous Huxley
The Handmaid's Tale By Margaret Atwood

私は以前にThe Handmaid's Taleは読んでいて、とってもDisturbされた記憶があります。
(この場合のDisturbingに合う日本語は何でしょう?不安に駆り立てられる?もやもやする??)
Brave New Worldも読んでみようと思って、最近"ポチッとな"しました。
そして、今回は1984でしたが、ここまで読むんだったらFahrenheit 451も読んでみようかな?

さて、1984。読み始めからぐっと心を持って行かれました。
ツイ読友(Norinちゃん)の表現を借りると、この本は「吸引力の強い」本です。
こんなに嫌な社会を書いているのに、途中で本を置けないほどの吸引力でした。
パワーがあります。
(英語も読みやすい部分が多いし、英語でなければ完全理解は不能な表現も出て来るので、この本を読むならぜひ英語で読んで欲しい! )

本の世界は、本当の事を嘘に塗り替えてそれを真実とするような政府に支配されていますが、それが恐らくトランプのシニアアドバイザーが「Alternative Facts」発言をした事によって、この本に結びついてしまって、売り上げに貢献する事になったのではないかと言われています。

本の中の社会は、本当に自由がなくて、市民は常に監視下にあって、情報操作が行われていて、事実の改竄は普通の事で、ある日忽然と人がいなくなってしまって、その人の存在事態が消されるような恐ろしい体制です。
その体制に疑問を持つ主人公の顛末が後半にどっと書かれている訳ですが、これがまた…

でも、もっと恐ろしいのは、こんな事が現実世界でも既に実際に起こっているんじゃなの?と気がついてしまった時でした。

その1例。
ニュースピークという新しい言語は、言葉を単純化する事によって思考する事をやめさせる働きがあるとしているのですが、だとすれば、現在私達が使う言葉でも略したり単純化したりする事が普通に行う事で、私達の思考も単純化されているのかもしれませんね。

これ以外にも問題点はいっぱいあって、何だか考えれば考えるほど、恐ろしい。

この本、現代の人達の必読書であっていいと思います。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

No title

実は今この本を買いたい衝動に駆られております。
Fahrenheit 451よりもデストピアン要素は強いかもしれないですね。
Fahrenheit 451は個人的にはあまり支配下に置かれている、という気はしませんでした。後半(Part3)は緊迫感がありますが。。。

早くこれ買って読みたいーーーー!!
The Handsmaid's TaleもちゃんとTBRに入っています(まだ持ってないけど)

Re: Norinちゃん

ネガテイブなコメントつけようとしたらつけられるんだけど、そんな事はどうでもいいぐらい引っ張られましたわー。

The Handmaid's Taleは、女としてほんまに抵抗を感じる世界です。是非よんで!

私はFahrenheit 451を買い求めます〜
Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR