Breakfast at Tiffany’s


By Truman Capote

やられました。惚れた。
この本、好きすぎます。
カポーティの言葉のセンスというか、ホリーの口を介して発せられる哲学的なセリフとか、とにかくおしゃれです。
この本は何度でも読み返したい。
素敵な言葉たちをそのまま覚えてしましたいです。

この本には短編小説が表題作を含めて4つ入っています。
私は基本的には短編小説が苦手なのですが、この本は別格扱いだわ。

映画はかなり昔にみましたが、映画と本とは随分違う印象です。
私は断然本の方が好きです。(オードリーヘップバーンは大好きだけど)
カポーティは主役のホリー役はマリリンモンローにやって欲しかったようです。そういわれて読んでみると、イメージはオードリーよりもマリリンかも!?
でも、もうオードリーのコケティッシュな印象が脳裏に焼き付いていて、彼女以外のホリーは考えられないんだけどね。

あの村上春樹がこの本を翻訳していますが、どんなにおしゃれな仕上がりになっているのか超興味がわいてきました。(村上春樹の小説はあまり好きじゃないけど、彼の言葉の選び方には一目おいております。)

この本、書き込み用と保存用と2冊必用だわ~。
1冊保存版を買っちゃおうかな?
しかし、大好きなPenguin Modern Classis版だとオードリーヘップバーンが表紙なのです。
私的にはホリーはオードリーではないので別の良いバージョンがあればあえてそっちが欲しいです。
でも気にいるバージョンがないので表紙がオードリーのを買っちゃうかな?

しかし、この作品を書いた作者が「冷血」を書いた作者だとは思えないし、イメージすらつながりません。
いったいどんな風に書いたのだろう??
これは読むっきゃないです!近々読みます。

閑話休題。
読了した本に戻ります。

この本にはこのまま覚えたいQuotes (引用)が沢山出てきます。
本当に沢山あるので、私の琴線に響いた3つをご紹介。(他にもあるんだけど、全部は解説できないわ~)

これはとっても有名なQuoteじゃないかと思うのですが、めっちゃ気に入ったやつです。
“It should take you exactly four seconds to cross from here to that door. I’ll give you two.”
意味は「ここからあのドアまでちょうど4秒かかるわ。2秒あげる」という事です。
(翻訳家にはなれそうにない訳で申し訳ない。)
これはホリー・ゴーライトリーのセリフですが、”Get out of here!! (でてけ!)”とかいうよりおしゃれだと思いません?

“I’ll never get used to anything. Anybody that does, they might as well be dead.”
「何にも慣れることなんてないの。慣れちゃったら死んだも同じ事よ」
ホリーの何気ない哲学的なセリフ。

“It’s useful being top banana in the shock department.”
Top Bananaには重要人物という意味があります。びっくりさせるのが得意って事を言っているのだけれども、この言い回し真似したくなりませんか?

ページ数にして98ページしかないのに、猫に名前をつけない理由とか、手紙を読む時に口紅をつけるくだりとか、本当に素敵な場面が沢山あります。

表題作だけではなくて、他の短編の中にも気になる表現が出てきます。
例えば、「House of Flowers」では、恋をしたらどうなるの?に答える場面。
「恋したら胸がどきどきする」なんて単純な回答ではありませんことよ。
気になる人はぜひ原作を読んでくださいね。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR