ペンギンクラシック

先日の日本への帰省中にPenguin ClassicsとPenguin Modern Classicsのラインを何冊かゲットしてきました。(←日本に帰って洋書を買う変な私。)
本当はPenguin English Classicsのラインからも何冊か欲しかったのですが、残念ながら読みたい本がありませんでした。
20170428200153ccf.jpg


グアムの本屋さんにもクラシック本はちょこっと売っているのですが、マスマーケット版が主流で、字が小さくてつらいので、買えません。
クラシック本はKindleで安く買える傾向にありますが、クラシックこそ紙ベースでじっくりと読みたいと思いませんか?
という訳で、最近はBook Depositoryのサイトを眺める時間が長くなっております。
私の好きなラインで本が揃えられるのが利点ですが、イギリスからグアムは遠いのでちょっと時間がかかるのが難点です。

そんな中、BookBoutletで、Penguin ClassisとPenguin Modern Classicsのラインの本が出ている事に気が付いてしまいました。タイトルもそこそこ興味のあるものばかり。
という事で、ババーンと買っちゃいました。(2回に分けて)
その中の1冊がどうしても早く読みたかったので、第一弾はいつもの船便ではなくて、航空便で来るように送料も上乗せして注文しました。
そしたら、荷物第一弾が昨日届いたのですが、カスタム(税関)を通ってきたらしく、中身をチェックするのに箱の一部分が切られておりました。
不幸にもここ数日は大雨だったのですが、どうやらその切り口から浸水したらしく本3冊が濡れて汚れてしまっておりました。
あ~~~!!!(実際、これを発見したときには奇声をあげました)
2冊の被害は重しをつけて放置しておけば、気にならないぐらいの濡れ方ですが、1冊はちょっとひどい…本の6分の1ぐらいが膨張しています。
返品するか?郵便局に文句言うか、いろいろと考えたのですが、BookBoutletはアウトレットなので、もう同じ本は売っていないので代替品を送ってもらう訳にもいかず…
あきらめて、ここはグーグル様だ!と、「濡れた本を乾かす方法」で対策を調べてみました。
色々ありました。ドライヤーで乾かすとページがふにゃふにゃになるそうで、紙を挟んで上から重しを置くとか、アイロンやヘアーストレイテナーで伸ばすのが良いとか??
で、ちょっとえ?っと思った『冷凍庫に入れる』というのを試してみる事にしました。
昨夜冷凍庫に入れて、今朝取り出したら、しっかり濡れていた部分が凍っておりました!(当たり前)
しかし、膨張具合が少しましになっていました。
朝から時間もないので、とりあえず、紙と段ボールで挟んで、上から重しをのっけて出かけました。
すこーし膨張している感は否めませんが、ま、読めそうです。
20170428200417063.jpg


ま、そんなこんなで未読のクラシック本がたまって来ました
(細かい事を言えば、若いころに翻訳で読んだ本も混ざっていますが、あまり細かい事は覚えていないので、未読扱いでいいかな?)
どれから読もうかな?
としっかり悩んだ末に、「Jane Eyre」 by Charlotte Bronteを読んでみる事にしました。(これは、若い頃に翻訳版を読んだんですけど、忘れているのでちょうどいいです。)私は日ごろはラブストーリー系は避ける傾向にあるのでクラシックでロマンスを味わってみましょうかね~。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

No title

え?送料上乗せしたら早く届くんですか?知らなかった。。。えええええw
そうそう、Contemporaryだとロマンスって結構ベタな感じしますけど、クラシックだと不思議とすんなり入ってきますよね。全然別の時代のことと割り切れるからでしょうか~~

Re: Norinちゃん

そうなのよー。船便を避けないと時間かかるからさ〜。
クラシックのロマンスは読めるね〜。ハマるわ。
Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR