【読了】The Hate U Give


By Angie Thomas

3月のMy Book Boxに入っていた本です。
これが著者のデビュー本だそうです。

扱っているテーマが大きくくくると「Racism(人種差別)」ですが、それだけではありません。
本当にたくさんの問題に触れられています。
それが時には苦しくて、めっちゃを背けたくなったりして本を置いていたら、思いの外読むのに時間がかかりました。

このお話は映画化が決まっているそうです。
「Hanger Game」でRue役をやったAmanda Stenbergが主人公のStarr役をするそうです。
白人の彼氏役は誰だろう?(私の中では「Glee」のFinnのイメージだったのですが)

作者はBlack Lives Matter Movementに触発されたそうですが、人間の命なんて、人種に関係なく「Matter」されるべきなのに、黒人だけを取り上げているという事はそれだけ問題が深刻だという事だと思います。

白人が全員とは言わないけれども、登場人物のHailyのような人が多いんだと思います。
自分は差別をしている意識のない人たちです。自分の発言の何が問題かにすら気づく事が出来ない人たちです。

この本は黒人に対する差別及び黒人の中での意識についての話でしたが、実はオリエンタルも全く切り離しては考えられないと思います。
私も白人社会の中に身を置いた時に、オリエンタルである事に引け目を感じさせられた事は一度や二度ではありません。
黒人同士、オリエンタル同士でも差別は存在する訳で、本当に深い問題です。

YA本でこのテーマにこれだけ切り込んで書かれているのは珍しいと思いますが、読んで良かったと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR