【読了】Jane Eyre


By Charlotte Bronte


月に1~2冊はクラシック本もしくはモダンクラシック本を読もうと思っております。
今月の1冊目はブロンテ姉妹の一人、シャーロットブロンテの「Jane Eyre」を選びました。
エミリーの「嵐が丘」は若いころに読んで、暗い気分になった事を記憶しておりますが、こちらは読んだと思うのだけれども、内容を覚えておりませんでした。

ロマンスの部分はさておき(ってロマンスがメインじゃないの!?と思われるでしょうか、ロマンスにはあまり興味がないので…)、何がこの本で好きだったかというと、「Jane」です。

見た目も可愛いわけではなく、子供の頃は叔母といとこにいじめられ、待遇の悪い寄宿舎に入れられたジェーンですが、その芯の強さには惚れ惚れします。

はじめに自分をいじめてきた叔母さんにはっきりと怒りを伝えるシーンでグイッと心を持っていかれました。
いや、子供にしては饒舌なんだけど、気持ちいい!
本当に彼女は筋が一本通っています。
好きな相手に奥さんがいたと分かればどれだけ好きでもスパっと身を引きます。(最近芸能界をにぎわせている不倫騒動渦中の人達にはジェーンを見習ってほしいっす!)

さて、このジェーンとMr. ロチェスターのロマンスですが、私は受け入れられないね。
ただロチェスターが20歳ぐらい年上っていうだけだったら良かったんだけど。
ロチェスターの27章の言い訳たらたらには呆れるわ~。ちゃんとそれを聞いてあげるジェーンは素晴らしい。
どれだけ愛を訴えられても、すがられても、それを振り切って「さようなら」をするジェーンは痛いほど純粋で、かっこいい。
彼女の中には強い宗教心というものがあって、それを逸脱することは許されないのだけれども、それが本の中では時にはうざいほどでした。

そして、キャラクター達が皆饒舌だ(笑)

Jane Eyreぐらい有名になっちゃうと、RetellingやSpin Offが書かれちゃうのですが、今回たまたまMy Book Boxで届いた本が、YAバージョンのRetellingだったので、これを読もうと思っています。
「Unearthly Thing」by Michelle Gagnon


そして興味のあるのが、以下の2冊。
「Jane Steele」by Lyndsay Faye


「Mr. Rochester」 by Sarah Shoemaker

私にはJane Eyreでは恋する対象にならなかった彼がどんな人がなのかを掘り下げて読んでみたいです。

6月のTBRに入れたいところですが、Mr. Rochesterはまだ高いんだよね~。どうしようかな?
Jane Eyre熱が冷めないうちの読んだ方が面白いと思うんだけど…

実は私はGoodReadsでこの本に5つ星をつけませんでした。
その理由は、最後にJaneが独立した女性になった理由が「遺産」だったからです。
そこだけが納得できす、星を一つ落とした理由です。

さて、クラシックを読む時はいつもと同じようにさら~っと読めません。
文章をかみしめて読まないと大事なところをすっ飛ばしそうな気がします。
そこで、次に読むクラシック本には「Annotation」をしてみようかな?と思っています。
Annotationは、注釈をつけることなんだけど、読書の場合はもっと広い意味で「本に書き込みをする」ぐらいの意味で使われている事が多いようです。
そう!私ももうクラシック本には書きこんじゃう!(@Norin_76ちゃんには嫌がられるかも…)
知らない単語とか、心に響く文章とか、キャラクターの分析とか、思いのままに書き込んでみたいと思います!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR