Me Before You

By Jojo Moyes
Rating: ★★★★★

この作家は「Chick Lit」に分類されるらしいが、この本に関して言えば読みやすさはChick Litっぽいけれども、内容はさほど軽くはない。
なにせ、扱っているのが尊厳死なのだから。

 

事故にあったWillは、"Quadropedic"に。
この言葉、初めて聴いた。日本語では四肢麻痺? ですかね?
それまではやりたいことを自由にやって人生を謳歌していたWillは、事故後には死を見つめるようになる。
そこに介護のバイトとして雇われた目標も何もないLou。
彼女には心を開くWill。

結末については触れないでおくけれども、色々と考えさせられる本だった。

これ、Willがお金持ちだったから、こんなことやあんなことができたけど、そうじゃなかったらどうなってなんだろうねぇ… 損害賠償だけで医療介護費は払えるものなんだろうか?
ちなみにグアムの保険屋目線で言うと、グアムの方で入らないといけない最低賠償保険額は、「対人は、1人につき$25,000、1事故最高補償額$50,000、対物で1事故あたり$20,000」なのだが、全く足りない。Willがグアムで事故にあっていたら、加害者の保険から支払われる保険金はたったの250万円ということになる。保険以外で補償してもらうことになるだろうが、その加害者にどこまでの財力があるのか…最低補償額しか保険をかけていないという事からもあんまり財力に余裕がないんじゃないかと考えられるわけで、恐らく支払い能力も皆無かもしれない。これぞあたられ損。


この本のタイトル「Me Before You」については、本を全部読み終わってみて、あ!そういうことやったんか!と気がつき、もしかしてこれはダブルミーニングかな?と…
君に会う前の私という意味と、君の前での私という意味で?!
どうでしょう!?

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR