【読了】Pride and Prejudice


By Jane Austen

やっと重い腰を上げてこのクラシック必読書を読みました。
上の画像リンクは違いますが、マスマーケット版のこの本を買ったのはまだ老眼が始まっていなかった頃(相当昔)なので、今この本を広げてみると、字が小さい、行間が詰まっているで、なかなか読み始められませんでした。
夏休みに帰国した時に、NHKの「100分de名著 高慢と偏見」というテキストを売っているのを発見したので、これを読みました所、興味がやっとわきました。
私の英語の理解力が合っているかどうかを確かめるべく、翻訳本も買ってきました。
さて、この翻訳本ですが、『高慢と偏見』となっているものもあれば、『自負と偏見』となっているものもあります。
『Pride』を高慢と訳したり自負と訳したりしている…私の中では、高慢というとネガティブなイメージだけど、自負というとしっかりとした人のイメージになる気がするのですが。
さて、実際に読んでみて、高慢なのは(自負を持っているのは)誰なのか?偏見を持っているのは誰なのか?と深読みしていくと面白い。

しかし、全体的にこの本、チャレンジングでした。
まず、時代背景の事をよく知らないし、名前の呼び方が下の名前じゃなく、Miss 誰々とかって書いてあると、誰だだっけ?となるしで。
英語も流石にクラシック、それもイギリス英語!いつもとは何かが違う!という感じなので、慣れるのに時間がかかりました。
特に前半は人がいっぱい出てきて、これといった事件らしきことも起こらずで、なかなか読み進めるのは苦痛でした。
翻訳本を買ってきていて正解でした。なぜなら、翻訳本にはところどころ注釈があって、理解不能な当時の時代背景みたいな物の説明がありました。これを知っていて読むのと知らないで読むのとでは、全く違うと思います。

ここでこの本の英語についてちょっとだけ触れますね。
会話の部分はそうでもないのですが、ナレーション部分に回りくどい表現が沢山出てきます。
例えば、簡単なところではこういうの。
It was not without an effort…
「努力なしではない」なので意味は「努力した」って事なんだけど、こういうのが多いんです。
一つの単語を読み飛ばすと意味が逆転するような表現ですね。

この本の転機は34章からだと思っております。(個人的に)
この辺りから面白くなって来ました。

しかしこれだけ最初から上手くいかない2人がどうやったらくっつくのか?と心配しながら読みました。
大体妹の行動に心配している間はMr. Darcyと会ってないし。

チャレンジングだったけどそれなりに楽しんだので、Jane Austenの他の本も読んでみたいと思います。
ついでに『Pride and Prejudice and Zombies』も注文しました!あはははは。面白そうじゃない?


さて、ここからはネタバレがありますので、これからこの本を読もうと思っている人はすっとばしてください。念の為に色を薄くしておきます。
この5人の娘の母親がアホ過ぎて泣けました。
結婚するんなら、娘が幸せにならんでも誰でもええんか?という態度。
お父さんの方がその辺りはちゃんと分かっています。
後、アホ・嫌キャラ多くないですか?
下の娘がこれまた見た目だけの大馬鹿野郎と駆け落ちした時に手紙をよこした別の大馬鹿者の言いぐさはいったいなんなんだ!?と呆れて口があんぐりしたわ。
きっとこういうエピソードが絡むので面白いのだろうけどね。


さて、今日はまたNHKの「100分de名著 高慢と偏見」を読み返しています。なるほどなぁ~なのです。このシリーズ、他のクラシック本(洋書)でももっとやって欲しいなぁ。

ところで購入した時は$4.95だったこの本、今日本屋で同じのを見つけましたが、$5.95の値段がついていました。多分私が買ったのは2003年版だと思うんだけど、14年経ったら1ドル値上がりするんだねぇ。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR