【読了】The Door into Summer


The Door Into Summer
By Robert A. Heinlein

先日、Audibleでクラシック本中心の2-1 Creditのセールがありました。
クラシック本は、Kindle本と抱き合わせで買うと安くなる事が多くて、あまり恩恵を感じられないセールだったのですが、Twitterで今回はSFのセレクションがいいよと教えてくれる人がありまして、確認してみますと確かにその通りでした。(欲しい本が数冊見つかり、最低限に絞るのに苦労しました)

この本はその中の1冊です。
お勧め頂いたのは同作者の別の本なのですが、この本のタイトルに覚えがありまして、なんでだったかを解明すべく、こちらの本を選びました。
邦訳されていて「夏への扉」というタイトルがついています。この日本語版の本の表紙にも見覚えがあります。
何で知っているのだろう???
答えは分かりませんが、おそらく本の雑誌「ダ・ヴィンチ」か何かでこの本がお勧めになっていたのではないかと想像しております。


実は私、子供の頃(今の息子の年齢の頃)、はまっていたのが日本人作家によるSFでした。
星新一とか筒井康隆とかが好きでした。(余談:なぜだかSF御三家の小松左京は読んだ記憶がないのですが、どうしてだろう?これを機会に読んでみるかな?)
このハインラインの本は、あの頃を思い出させてくれました。

1956年初版で、未来が2000年の事を書いてあるのですが、現実とのずれを読むのが面白かった。ハインラインはこうなると予測していたのかな?
この本、日本で非常に評価が高いですね。SFだけど、猫が出て来たりロマンチックだったりするのでSFの硬さが緩和されているのがいいんでしょうね。

さて、ハインラインを読んで、昔読んでたSFをまた読みたくなっています。
特に星新一のショートショート。今読んでも面白いかしらね!?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR