完全なる首長竜の日

by 乾緑郎
Rating ★★★


第9回(2010年)このミス(このミステリーがすごい!)大賞受賞作。
という事なので以前に買ってあった本。
積読本減らしに取り掛かる一端として読んでみました。
 

前半、全く乗ってこず、先に進めず。
本を置いては、別の本を読んで、戻ってきてはまたはじめから読む。
という事を2回ほどやりました。

やっと読めました。

SCインターフェイスを通して昏睡状態の人とコミュニケーションを取れるという発想は面白かった。
が、なんだろうなぁ~。何か足りない気がするこの感じ…
このミスの審査員が全員一致でこの作品を大賞に推薦したという事だったけど、私的にはそこまで良い?というぐらいでした。 

夢なのか現実なのか仮想世界なのか…
という世界観は嫌いじゃないんだけどなぁ。 

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR