10月のまとめ(WRAP UP)

10月はホラーマンスでした♪今月読んだ本を紹介します。
 
Written in Red

By Anne Bishop
ページ数:433
ワードカウント:161,385
The Other Seriesの1作目です。GoodReadsの評価4.28と高く、セールになっていたので読んでみました。一応、YAではないファンタジーではありますが、YA読者も読めるんじゃない?という感じで読みやすかったです。吸血鬼やら狼男(私の想像する映画の狼男とは違って、どっちかって言うとトワイライトに出てくるやつみたい!?何が違うと言われたら、前者はただの毛むくじゃらで後者は男前的な。)主人公の女の子は、血を出すと予知ができるという能力があるんですけど、こういう設定好き♪


Carrie

By Stephen King
ページ数:304
ワードカウント:64,960
ホラー月間なので1冊ぐらいはキングの本!と思って薄めのを選んでみたらこれになりました。頭から血を被ったキャリーの映画の映像が怖いこの話。イジメ問題が深刻な状態になった話で、救いがない。イジメられていたキャリーがテレキネシスの能力で復讐し始めるシーンは、思わずキャリーを応援ですわ!!そんな訳で怖いという感じではなかったかな。


Coraline

By Neil Gaiman
ページ数: 176
ワードカウント:31,175
これは子供の頃に読んだら怖かっただろうな・・・と思いますわ。ハロウィンの仮装に”Other Mother”できそうだな、とか思いながら読みましたわ。ボタンの目をどうやって固定させるか・・・それだけが課題ね。


American Elsewhere

By Robert Jackson Bennett
ページ数:688
ワードカウント:172,000
非常に奇妙な世界の話。そして長い!これも途中からはホラー?という様相になりました。SFとかファンタジーの要素もある気がしました。ま、とにかく奇妙でしたわ。


The Dark Descent of Elizabeth Frankenstein

By Kiersten White
ページ数:304
ワードカウント:89,175
これは丁度良いぐらいに暗くて好みでした。主人公のエリザベスの良い子ちゃんじゃない感じが良かった。オリジナルのフランケンシュタインでは何で博士がそんな怪物を作ったのかが分からなかったけど、この話で色々納得しました。


Stalking Jack the Ripper

By Kerri Maniscalco
ページ数: 336
ワードカウント:82,070 
これは賛否両論ある中で、私は結構好きな本でした。今月の図書館本です(それもLarge Print)Jack the Ripperが誰なのかは割と早いうちから分かっちゃたりしましたが、ま、面白く読めました。時代背景はよく知らないけど、じっくり説明が挟まれるので迷子になる事はありませんでした。


Baby Teeth

By Zoje Stage
ページ数:320
ワードカウント: 96,570
これも図書館本。子供が邪悪です。母親を痛めつけようとする子供なんているのか??このサイコパスな子供は生まれつきなのか、後天的な物なのか?魔女に取り憑かれているのか?ま、最後まで読んでもその答えはなかったけどね。その辺りで評価は下がるね。


The Invited

By Jennifer McMahon
ページ数:368
ワードカウント:102,950
この作家は結構好きかも!でも、言うほど怖くはなかったのが残念。曰く付きの物件を購入して、曰く付きの家のパーツなんかを集めていくとどうなる?と、怖いのを期待して読んだんだけどね。でも、この作家の別の本も持ってるのでそれも近々読む予定です!


Rolling in the Deep

By Mira Grant
ページ数:128
ワードカウント:32,000
この本、日アマで検索してもKindle版が引っかかってきません。何で??
Into the Drowining DeepというKiller Mermaids のホラー本の以前の話です。グアムからマリアナ海溝は近いのですが、そこにはこのKiller Mermaidsが住んでるらしい。怖〜いね。



The Kind Worth Killing

By Peter Swanson
ページ数: 384
ワードカウント: 89,610
空港で会った男と女が、男の妻を殺す計画を・・・という話だと単純に思って読み始めたけど、どんでん返しにどんでん返しで結構驚かされた。プロット的にあり得ん!と思う箇所はあったものの、今まで読んだ同作者の他の本よりは面白かったかな。


We Have Always Lived in the Castle

By Shirley Jackson
ページ数: 160
ワードカウント: 48,140
ずっと不気味な感じのまま話が進んで行く感じです。前半の方が面白かったかな。


という事で、今月も読み終えた洋書は11冊でした。
積読紙本は合計6冊読みました・・


月末は急遽日本に帰国しておりましたが、その間全く洋書を読めず・・・(珍しく何も頭に入ってこずでした)
しかし時節はハロウィーン。ブックオフで「黒衣の女(Woman in Black)」の翻訳版を見つけたのでこれを読んで見る事にしました。いつもは、英語で書かれた物は先ずは英語で読みたいというモットーがあるのですが、今回はそんなモットーは無視で。
これが分かりやすいゴシックで、帰国したら積んである原書の方も読もうと思いました。


数字データはこちら。
ページ合計数:3,937
1冊平均ページ:328
1日平均ページ数:127

ワード合計数:1,039,925
1冊平均ワード数:86,660
1日平均ワード数:33,546

ホラー月間がこれで終わっちゃいましたが、月末にホラーKindle本がセールになって沢山買い込んだので今後もホラー本はやめられませんわ!!おほほほほ。

 
 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




 
 
 

Post a comment

Private comment

No title

Into the Drawing Deepは私のTBRに入っています!自分の住んでいる場所の近くだとなんだか実感が湧いてさらに怖いですね。しかし読んでる本の数がすごいです。尊敬です。モチベーションを刺激されます。

Re: 10月のまとめ(WRAP UP)

>マウジィさん
人魚はアリエルみたいなのを想像するじゃないですか。Into the Drowning Deepの人魚は怖いわよ〜😱
Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR