A Question of Obsession (Of Grace and Sin Book 1)


by Austin Briggs

実はこの作者、私の友人の旦那様なのです。
友人に教えてもらうまで本を書いていらっしゃることすら知りませんでした。
過去に2回ほどお目にかかったことはあるものの、話し込んだこともありませんし…

Kindle Unlimitedでダウンロードして読みはじめていたところ、作者本人からシリーズ3冊を一気にまとめてプレゼントして頂きました。(Kindle本がプレゼントできることを始めて知りました!)

さて、本についてですが、一言でいうと面白かった!
作者本人を彷彿させるロシア人の主人公ミーシャ。友人を彷彿させる日本人女性さゆり。
作者本人曰く、モデルは本人でも友人でもないという事だけれども、重なる部分も多い気がするのです。
メインの舞台は大阪。場所の描写が細かいので行く先行く先が目に浮かびます。
途中、香港と北海道にも行くのですが、これがまた私の旅心をくすぐりました。

ミーシャの友人の結婚式でウェディングコーディネーターのさゆりを見初めて、猛烈なアタックが始まるのですが、ミーシャの恋心の描写も詳しいです。
銀行員のミーシャが同僚(部下だった男)の不正を暴いたために身に及ぶ危険。その危険はさゆりまでに及び…
というサスペンス。
しかし、途中官能シーンを含むので大人向けです。

チャプター12で急に場面が吹っ飛んだので、キンドルのダウンロードを失敗したか!?と疑いましたが、数ページを読み続けると、あ、そういうことか!と納得がいきました。

さて、シリーズ物のこのお話。続きも読まなければなりません。
今後どういう展開が待ち受けているのか?

さて、この作者、Max Candeeという別名で子供向けの本もかいております。
Diary of Anna the Girl Witch 1: Foundling Witch (English Edition)もダウンロードしたので、次はこちらを読んでみようかな?と思っております。


人気ブログランキングへ

Post a comment

Private comment

Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR