【読了】The Case of the Missing Marquess


By Nancy Springer

NetFlixのドラマで「Stranger Things」というのがあるのをご存じでしょうか?
これのEleven役の子(Millie Bobby Brown)がお気に入りだったのですが、彼女を主人公にしたシャーロックホームズの妹の物語がドラマ化されるという情報を聞きました。私の好きな女優さんとシャーロックホームズのスピンオフ(パスティーシュかな?)が絡むという事で、その原作を読んでみないといけない!と思ってこの本を手に取りました。

このシリーズは、Middle Grade向きという事で売り出されていますが、だから簡単だろうと思うのは短絡的です。
200ページぐらいしかないし、各ページの文字も大きめで読みやすいのは確かです。
しかし、全体的に英語が現代語ではありません。
例えば、”I knew not”といったシェイクスピアに出て来そうな表現も飛び出します。(Indeed, Indeedとよく言っているのでイギリス英語に間違いありません!)
なので多読を始めたばかりの人には残念ながらお勧めできないかなぁと思いながら読みました。
読解を楽しみながら読むならいいかな?

エノーラはEnolaというスペルですが、逆さまから読むとAloneと読めるという所から母親の暗号好きを読み取れるのが面白い。
子供向けと思ってちょっと軽んじて読み始めたけれど、謎解きも面白いし、この先のEnolaの成長がとっても気になります。逃亡中に結構危険な目にあうのですが、この辺りが子供向け???とちょっと驚いたところ。

さて、冒頭でも言いましたがこれがMillieでドラマになるという事なので、私の頭の中ではEnolaはMillieの顔になっちゃってるのです。もうドラマに超期待です!


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】Rise of the Hearts


By Antoine Bonner


NetGalleyがお勧めしてきたのでリクエストしてみたらすぐに貰えた本です。
ただでもらっておいて、ネガティブな評価は心苦しいのですが、正直に思った事を書いときます。

Nathanielはずっといじめられてきて、唯一の友人は妹のKimだけ。女の子にもうざがられている。しかし、ミラクルなパワーを手にして好みの女の子を惹きつけられるようになるのだけれども、このパワーには代償が!
というジャンルはホラーの本。

しかし、この本。英語は非常に簡単で読みやすいのですが、いかんせん『Far-fetched』で『Absurd』なのです。そんな訳で全く怖くない!あり得ない程のアホらしさです。
短いしさらさらと読めるのでさらっと50%ぐらいまで読んだところで、これはあかん小説なんじゃないかと思い始めたのでやめようかと思いましたが、ここまで読んだので最後まで付き合ってやろうと思って読み終えました。

あかん小説でした。
色々とBuild Upしたのに、そんなあっさり終わる?という終わり方で、全くこの作者が何が書きたかったのか分かりませんでした。

日本で言う木下半太的なアホらしさなら結構好きなんだけど、この本はあり得ない出来事が全くつながってこないので、なんじゃこりゃ状態のまま終わる感じです。

星1つにしようか2つにしようか悩んだんですが、さらさら読めるという一点だけで2つにしときました。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



【読了】You


By Caroline Kepnes


何かDisturbingな本を読みたくてこれを選びました。
そうそう、これこれ。こんな感じなのが読みたかったんだよ。

語り手のJoeはどんな家庭環境でどんなふうに育ったんだ?と思う程歪んでおります。
はっきり言ってストーカーです。
人を好きになると、相手の事が知りたくなる欲求は誰しもあるのでしょうが、彼の場合は行き過ぎなのです。
うかつにクレジットカードすら使えない猜疑心に悩まされる事になりそうです。
なのに、途中途中でJoeを応援したくなるのはなんででしょう?
私も歪んでるのかも!??!?!?

いや、ストーカーされてるBeckの事が好きになれない辺りに原因があるかもしれません。
この女なんやねん!?

以前にモダンクラシックの『The Collector』 by John Fowlesを読みましたが、時々これを彷彿させるような場面が出てきました。(これは誘拐犯の目線で書かれていました)
この時は被害者の女性にかなり同情したんですけどね。

Joeは本屋をやっています。
なので、本に詳しくて、よく作家の名前や本のタイトル・引用が出てきます。
読んだ事のない本が引用されているとその本を読んでみたくなるので困りました。
ちなみに映画のタイトルもポンポン放り込まれます。


この本、スティーブン・キングがお勧めしておりますが、本の中にキングの『Doctor Sleep』が何度も引用されていたので笑えました。ダン・ブラウンの名前も何度も出てくるのですが、こちらはキング程好意的に書かれていないのでブラウンはお勧めしていないのしょう!?(いや、知らんけど)

さて、この本の続きがあります。
『Hidden Bodies』というタイトルです。
ペーパーバックを持っております。Joeが今度は何をしでかすのか確認してみたい気もします。
が、こちらの評判は『You』程よくありません。
どうしようかな~?






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


【読了】One True Loves


By Taylor Jenkins Reid

BookTuberの誰かがお勧めしていたこの本、BookOutletのセールの日に注文してありました。
この本もAudibleのRomance Packageに含まれておりましたので、聴き読みすることにしました。

が、この本。心にズーンとくる物があって、耳だけで聴いているのは勿体無いと思い始め、途中からは文字もしっかり目で追いながら読みました。
あ〜、だの、う〜だの、何度も言いました。

私は「本当の愛」だのを語るロマンス本が得意ではありません。いや、嫌いです。
しかし、この本はめちゃめちゃ語ります。でも、めっちゃ好き。
何でしょう、この矛盾。

家族と婚約者との夕食が終わる頃にから電話がかかってくるのが本の始まりです。
複雑よね〜。
主人公のEmmaの夫のJesseがヘリコプター事故で亡くなったものだと思っていて、何とか前進しようとJesseへの思いを封印して、Samと婚約者するのだけど、そこに生きてJesseが帰ってくるんだもの。
そりゃ、Emma複雑よね〜。
Emmaがどんな思いでどんな結論を出すのか。
最後には非常に納得がいきました。

そして、Emmaの家族が本屋さんをやっていて、Emmaがそこで働く様子なんかも書かれていて、これもプラスでした。

この本。お勧めです。
この間読んだ「Maybe in Another Life」ではそこまで同作者の他の本を読みたいとまでは思わなかったのですが、この「One True Loves」を読んだら他の本も読みたくなりました。

そして、「Forever, Interrupted」の古本をポチりました〜。

「After I Do」はRomance Package入っているので近々聴きます。

「The Seven Husbands of Evelyn Hugo」は紙媒体で既に持っているので読むのが楽しみです。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


ロマンスパック3冊聴了

AudibleのRomance Packageですが、最初の月はお試し期間として無料なので、ただいま絶賛お試し中です。

3つ聴き終わりましたのでご紹介。

①P.S. I Still Love You
By Jenny Han

これは、To All the Boys I've Loved Beforeシリーズの2作目です。
ロマンスパックを試す前に、1作目は読み終えて準備万全でありました。
なので、1冊目2冊目と調子よく読んで来たのですが、ロマンスパックに3冊目は含まれておりません。
気になるやんね〜!?
仕方がないので、3作目はもう少しゲットできるような値段になるまで待つ予定です。
結局誰とくっつくのかな〜!?といった所でしょうか。


②Maybe in Another Life
By Taylor Jenkins Reid

実はこの作家の本、前から気になっておりました。
新作の「The Seven Husbnad of Evelyn Hugo」はハードカバーでゲットしております。

さて、「Maybe in Another Life」ですが、もし違った選択をしていたらどう変わっていたか!?がバックボーンにあって、パラレルユニバースを描いております。その辺りが面白かった。
あの時事故にあっていなかったら、XXXとうまくいっていたのか?とかね。
最後は私の好きな方の時空の方が話しで終わらないかな〜と思って読み終えました。
単純なハッピーエンドのラブストーリーよりも面白かったです。


③ When Dimple Met Rishi
By Sandhya Menon

2017年の6月(?)にMy Book Boxが送って来てたくれた本ですが、YAコンテンポラリーのキュートなラブストーリーに全然気分が向かなくて、読むのが今になりました。
ロマンスパックに入っていなかったらまだ読んでいなかったかも知れません。
これは聴き読みと合わせ読みを行き来しました。
結論から言うと、想像通り、気持ちよく読める本でした。
しかし、主人公の2人が優秀すぎてそれはないわ!と途中から思わずにはいられなくなり、逆に2人に感情移入できなくなったので、星は4つになりました。人生そんなに甘くないやろ〜!?なのでした。

と言うわけでそろそろ甘いロマンスに嫌気がさしてきました。(早い!?)
この辺りでトーンの暗いのを1冊ぐらい挟んでおかないとロマンスパックが続けられそうにないので、次はロマンスパックに入ってるいるものの、イメージ暗いやつを選びます。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



Profile

ずらっぺ

Author:ずらっぺ
活字中毒 ワーキングママ ジョガー グアム在住 Arts & Crafts

Latest journals
Category
Monthly archive
Link
Search form
Latest comments
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR